1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 21:51:15.27 ID:MRMyDOv30

    ~やるおと学ぶ『資本論』 第一巻~ (2)

          , -=―=―- 、 _    
       〃⌒>’´  /    丶`ニ=‐’
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \  
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j 
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{   
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ‘ /〈リヽ
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|::資::>ミ;>,
          ノ \- 厶]:本:f }::/:/
       r=<    V三|::論::| |/:/ ←新日本出版の訳
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|
        lヽ  勹’´      // l !
        |∧ 〃     /Y_│’,

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 21:54:49.31 ID:MRMyDOv30

    -==二´….::::::::::::::::::::::::::::::i’ ,     ヾ、 ._-―’´ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::”     _i-― ̄ヽ___ ヽ
     ノ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::i’_|_,-| ̄ |.-―:’| ̄     ヾゝ、
   -‐’::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i–¬―‐i::| ̄:|::::::.::::::|  l、 |    `ヽ、
     ̄|:::::::/:::::::::::::::::::::i’ i:::::: |  i::::|  |::::::::::::::|  |::ヽ |   |^ヽヽ、
    |::/::::::::::::::::::::::i’ i:::::::::::/|  |:::::|ヽ、,ゝ-:i‐!::::|  |::::ヽ|i::!   ヽ、
    |::/:::::i !:::::::::::::i’ !:::”i::::/| !::.::l  |::ヽ、i:|__!:::|  |::::| |::|   |ヽj
   l´/:::ノ| !:::::::::::i::::| -i::/― | |::::|   |:::ャ’。==’ァi::| |::::|、| |ヽ|
 /--’´ |!:::::::::::i!|   i!ェ=ェ、 |i::l    i:! |゚_::: i |!::::| |::::|| |  i|
       | !:iヽ::::::|  {´゚。:::゛!`i|     |  ヽ’ニィ’|:::::| |:::|iノ:::l、 |
       |i! |::::::::ヽ゛ヽれニ’ノ          |::::::::| |::| i::::lヽゝ 『資本論』 第一編 商品
       |i |::::::::::::i.ヽ.      ’       |::::::::::|i:::|i:::::|  
        i| |::::::::::::::`::ヘ、     ‐-     |:::::::::::|!:!i:::::|     第一章 第三節 ”価値形態または交換価値”
        i  |::i ヾ:::i::::::::ヽ、         ィ’|::::::::::::i:!!:::|
        | ̄`’ゝー-L_::::::::::`i:‐- 、_  _,ィ’ ´::;;:|:::::::i_:i:-‐’ ̄i
        ヽ       ̄ヽ、|:::iヽi|;;;;;;;;::::::::::i 」-‐’ ,-―’  ̄`ヽ、
      r――`ー――– 、 ヽ、i’i!|;;;;:::::::::,ィ”´ ニ二-―――ニ二二l、
     /_______  `ヽ、ヽ、,r-‐’  ̄_,-‐’ ̄ ̄ ̄    | ヽ
    |` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、 ヽ/ r-‐’ ´              | |   
    |              ヽ====’|                | |
     ,|               |   |    Das Kapital..Ⅰ………..|  |
    〈 |    …………………………n、 |  f^ヽ  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   |
    / |::::::::::::::::::::{x::::::::::::::::i ヽ十、|  |’´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
    |  |:::::::::::::::::::::x::::::::::::::::| |:::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::Karl Marx::::|  |  ←原書

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 21:55:18.45 ID:wxdFDzrt0
パチパチパチ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 21:55:34.79 ID:MRMyDOv30

                      , - ─- 、_
                /        `丶
                rー‐<::/ ン-―ー- 、   、 \            {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ            __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸          /,イ>/ .:::/,’:::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|   
          {/::| :!{.::ィ’f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、  で、いよいよ私の本の、
            |::::ヽ::i:ヽi. r’_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>  一番難しいところに入ってくるわけだけど……
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r’;ン´j::::::::: l: V    ついてこれてるかしら?
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/
            lN:ヽ:ヽ::’,:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )’ \ニニ∧ | |!彡ヘ
          |    \ ヽム    ヽ‐’ .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ
         |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
         |   (>―‐’/ /勺ヽ¨ア    /    }
         |   \三三‐’ノ ^ヽ/   /-―一 ‘

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 21:56:34.87 ID:MRMyDOv30

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )      ぜんぜんへっちゃらだおっ! おっ!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ’、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー—‐一’ ̄

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))   こんなヘボい本が難しいなんていう奴の、気が知れないおっ
  /∠ |     |r┬-|     |_ゝ\
  (___     `ー’´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::……

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 21:56:58.19 ID:wxdFDzrt0
やる夫調子乗りすぎwwww

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 21:57:18.28 ID:/prYeHVB0
やる夫うぜえwwwww

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 21:57:13.58 ID:MRMyDOv30

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)       (調子に乗りすぎだろ、JK)
. |     (__人__)       
  |     ` ⌒´ノ        
.  |         }         
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 21:58:33.21 ID:MRMyDOv30

               /    //  /‐───- 、   \
              /r‐─‐ァーf/    /-────-、 \\ ヽ
               / ∨三/’¨7   /   / /      \厶 ハ ’,
.              /  \/__,/   /  ,イ l  |       il V∧ハ
            /  _//〉‐/    /\/ |i |l | 丶    i|  l ト、 ‘,
             ,′ f⌒∨ /    /ハ {\! |l !{   \  i|  | トく l
            / ハ.  V    /ィfテミ、 ヽ八 ヽ    ヽ_|  l |/ |
             l l 〈_∧   ‘,   ハ{_f::j:リヾ    ヽ∧>七 j  ! |_  |    いい心意気よ、やるお。
             | l   _ム _ ゝへ| V;之_        _ ヽハ ,’ /  | \|    じゃ、第三節もさくっと
             | l  >’´     ヽ           ィ≡气 / /  l\/!     終わらせてしまいましょうか
             | l  |   -ー―一ヘ   , 、__  ヽ    〃:/|   ∧ |
          j八 |       __}  {  `ア    ,ムイ /  ,イ__j│
         ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー’  ,. イl│ Ⅳ  / | jlリ
        /  /  ハ   _,  –‐〈. >‐r<  /l│ 〃  / j /
          // /   | ハ     , イ1  /   ヽ./ ∧/   / /’
.        〆 /    い \ -<  }}/ ̄ ̄`ヽ>ーイ 、 /
      〈  /     ∨ 代\   ハ、 , -―‐- 丶 //丁fヽ
      ∧/       ∨   `三彡’ \    __ ∨´  |│ l
      l |        \==彳│  \/  ` |   |│ l
      l |          `ー‐ ´ |    \    l|   |│ l

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 21:59:21.34 ID:MRMyDOv30

一節と二節では単純な物々交換で、価値の同じものどうしが交換されると考えてきたけど……。
でも実際には、今の社会じゃ、物々交換なんてありえないわ。

いくら価値が同じでも、ポテトチップスをコンビニに持っていったって、
百円おにぎりと交換してもらうことはできないわ。

今の社会で物を手に入れるためには、貨幣が必要。

┏━━━━┓
┃¥10,000 ┃→???
┗━━━━┛

この節と第二章では、「貨幣ってなに?」という、古代ギリシャから続いてきた難問に答えるわ。

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:02:02.09 ID:MRMyDOv30

          , -=―=―- 、 _    
       〃⌒>’´  /    丶`ニ=‐’
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \  
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j             ~長門の一口メモ~
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{    この節と第四節は、マルクス経済学者の中でも解釈が割れていたりする、
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ‘ /〈リヽ    とてもとても難しい部分です。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|::資::>ミ;>,    他の部分に関してもそうですが、
          ノ \- 厶]:本:f }::/:/    専門家から見れば、「これはおかしいだろ、マルクス的に考えて……」
       r=<    V三|::論::| |/:/    という部分が多々あるかと思いますが、
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、     あくまで『やるお版 資本論』ということで、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /      お目こぼしいただければと思います。
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ     大意とわかりやすさ重視です。
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|
        lヽ  勹’´      // l !
        |∧ 〃     /Y_│’,
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ
           〉ヽ     /  ji |{i  !  ヽ

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 22:03:05.58 ID:wxdFDzrt0
長門がそういうなら、仕方がない

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:04:12.75 ID:MRMyDOv30

       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    貨幣は貨幣だお。
  |    mj |ー’´      |   やる夫の財布の中にはいってる、十円玉がそうなんだお
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ

               _,…-─‐-─…─-….._
            …:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::…、
          ..::´:::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::/:::::::::::/´      `\::::\::ヽ::::::ヽ
.      /::::::::::l:::/:::/.-::::´ ̄ ̄ ̄ `::::-.ヽ:::::ヽ::’;:::::::::’,
.     ,.’:;. -─ 、/::::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::::::V──┐
     /::::},.─ャ 7:::::://:::;イ::j:::::::’;::::::::::::::::::::’;:::::::|:::::::::.-、_’,    でも、なんでそんなただの金属の塊が、
.    /::::::`ァ´ ’:::::_j_j__/ |:::|’;::::::ヽ:::::’;::::::::::::’::_;:|_::::l  ヽ:::::!    価値を持つのかしら?
   ,′::/>、_:::::::l::|:::|`ヾ:!、ヽ:::::’,\|ヽ;:イ::l::::|::|::::::ト._,.ベニ._‐、 一万円札なんて、ただのインクがにじんだ紙切れよ?
    |://::::::/ ,|;::::::N∨– 、 ` \:ヽ ヘヾ-fⅥノ!:::::j:|’,ヽ::::::| ヽ\
   i´/:::::::; ‘ ./.|:’;::::V/ヒワ‐ミT   ``  ‘イう-ミ:ハ:〉::/::トヽ \   ∨ なんでコンビニに持っていったら、
   |イ:::!:::::/ ハ. |:::ヽ::’. マ-ツソ       vヾシ//::/::::|ノ::ヽ、ヽ    物が買えるのかしら?
   |.||::|::/  i::::`:’;:::::::ヾ、`¨´           `¨´,/:;::’::::::l:::|:::小∠._
   lハ:l::ー、.::::::::::’;:::::::’,     、_’_,.  ∠イ:::::::::/::/:/リ´-┐ ,!
    |:||::::::|:::::::::::::::、:::::’\    ヽ    _. イ:/:::::/::/:/ /`ヽ/ /
     ヾヾト:|::::::::::|/ 、:::’,、::’.丶、_| | __.  ‘´l/イ::::://イ  /`ヽ’^ヽ、_
.         ヽ:::::::|   \ヽヾ!  .| |   ∠ィ´/::/l.イ |  ′   `l    `
       ,〈 \:!’,    ヾ、l____ |__ _| ,シ’    l. l. ′   /
.      / ’, ’, ’,.      |_/ ‘´-‐-.’,__|    / / ′  /
.      i′ ’, ’, ’,.     |_,/   ー-|フ_!   / / /  .i^i’
      y’   ‘, ’, ’,  ,.rァ’    ,rz:ノ ./   ,.’ ,.’ /  /J
     ,/    ヽ,.ヽ..ゝ1 | |   ノ ” ./  / / /.|匸´__     /

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:06:04.49 ID:MRMyDOv30

       ____
     /      \
   / ─    ─ \      う……。
  /   (○)  (○)   \    常識だと思ってたから、考えたこともなかったお。
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

                      , - ─- 、_
                /        `丶
                rー‐<::/ ン-―ー- 、   、 \            {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ            __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸          /,イ>/ .:::/,’:::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|   
          {/::| :!{.::ィ’f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、  常識を疑えってのは、そういうことよ。
            |::::ヽ::i:ヽi. r’_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r’;ン´j::::::::: l: V    じゃあ、原始時代の例に戻って、考えてみましょうか。
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/
            lN:ヽ:ヽ::’,:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )’ \ニニ∧ | |!彡ヘ
          |    \ ヽム    ヽ‐’ .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ
         |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
         |   (>―‐’/ /勺ヽ¨ア    /    }
         |   \三三‐’ノ ^ヽ/   /-―一 ‘

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:06:47.48 ID:MRMyDOv30

部族で釣り人としての地位を確立したやるお。
今日も釣りにいそしむのだったが、問題が発生した……。

        ___
      /      \   
   /          \    おっ、おっ、今日もお魚を二本持ってきたおっ
  /   ⌒   ⌒   \   クマー一匹と交換してくれお!
  |  /// (__人__) ///  |
  \              /

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:08:52.80 ID:MRMyDOv30

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)       毎日毎日、お魚ばかり食べてたら飽きるだろ、常識的に考えて。
. |     (__人__)       
  |     ` ⌒´ノ        クマー1匹を取った苦労を考えると、
.  |         }         ……そうだな、お魚なら最低でも四本はもらわないとな
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\   ……それはいくらなんでもひどすぎるお!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  ぼったくりだお!
  \    |ェェェェ|     /

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)       欲しくないものは仕方がないだろう
. |     (__人__)       常識的に考えて。
  |     ` ⌒´ノ        
.  |         }         
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:10:52.00 ID:MRMyDOv30

なぜこんな問題が発生したのだろうか?
これは、やる夫が、

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\    お魚 2本 = クマー 1匹
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |              |
  \               /

と考えていたのに対して、やらない夫は、

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      クマー 1匹 = お魚 4本
. |     (__人__)      
  |     ` ⌒´ノ        
.  |         }         
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

と考えていたからだ。

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:12:46.44 ID:MRMyDOv30

やる夫にとっては、お魚の「価値」が重要となる。
つまり自分がどれだけ大変な労働をして捕まえたかでお魚を評価するだろう。

いっぽう、クマーについては「使用価値」が問題になる。
つまり、等式の左辺はお魚の「価値」である一方、
右辺はクマーの「使用価値」であるから、

「お魚2本=クマー1匹 が成り立つからといって、 クマー1匹=お魚2匹が成り立つとは限らない。」

現に、やらない夫は、クマーの「価値」とお魚の「使用価値」を比較して、
異なる等式を作ってしまったために、取引が成立しなくなってしまった。

「価値」は目に見えないのだから、いくらやる夫が価値通りの交換だと主張しても、
やらない夫は耳を傾けてくれない。
物と物が最終的には「価値」どおりに交換されるということは、第一節で確認したが、
実際に価値どおりの交換がどのようにして実現されるかは、いまだ謎のままだ。

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 22:13:41.26 ID:wxdFDzrt0
ゆうべ、そこが疑問だったんだよな

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:14:28.92 ID:MRMyDOv30

            __ __ _
.        _ , '”´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ’,
     ,’  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.’, l    私は価値が問題となるが、
    ,   ‘〈/f`| l ::l`’ ゞゾ ’´ rャjノ::.l:. |    何かと比べなければその価値がわからない左辺を「相対的価値形態」、
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |   
    |  l:l::i个| l ::l!     _  ′} .:}:.l:: l   左辺の価値の表現物として等置された右辺を「等価形態」と名づけたわ
    |  lハ:l::{::’, ::::{、        /.:/::.l:: l
    l !:|:::’,::’,::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ‘,::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>”´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、
.   l     ’,  \\   \  __| \
.   |      ‘,   \`ヽ、  ∨n| } ト、

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:17:11.24 ID:MRMyDOv30

          , -=―=―- 、 _    
       〃⌒>’´  /    丶`ニ=‐’
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \  
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j             ~長門の一口メモ~
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{   
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ‘ /〈リヽ  いつものことですが、マルクスの言葉はわかりづらいです。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\   わざとわかりづらくしてあるのか? と思うぐらいです。
          リ朽\!`{7|::資::>ミ;>,
          ノ \- 厶]:本:f }::/:/  これは、マルクスの経済学がヘーゲル弁証法という、
       r=<    V三|::論::| |/:/   それはそれは難しい哲学に立脚しているためなので、
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、   はっきり言うと、難しい言葉が出てきてもスルーしても問題ありません。
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ  マルクス研究者でもない限り、資本論を完璧に理解するのは不可能です。
       `、   ヽ \.>j    ハ│  (というか、マルクス研究者でも理解できない部分がたくさんあるぐらいです)
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|
        lヽ  勹’´      // l !
        |∧ 〃     /Y_│’,   ネタをネタとしてスルーできなければ、
           } \    /}<ム>∧.ヘ   (『資本論』を読むのは)難しいのです。
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ
           〉ヽ     /  ji |{i  !  ヽ

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:19:09.07 ID:MRMyDOv30

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\    そんな難しい話はどうでもいいお!
  /    (__人__)   \   早く交換しないと、お魚が腐ってしまうお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

       ____
     /      \       仕方ないお。
   / ─    ─ \     やらない夫が欲しい商品の持ち主を探して、
  /   (●)  (●)   \    その人とやる夫のお魚を交換して、
  |      (__人__)    |    わらしべ長者的にクマーを交換してもらうお
  \     ` ⌒´     /

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:20:51.09 ID:MRMyDOv30

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     やらない夫はクマーと、何なら交換してくれるのかお?
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |        ̄      |
 \              /

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)       このぐらいは欲しいだろう、
. |     (__人__)       俺の労働時間的に考えて……
  |     ` ⌒´ノ        
.  |         }         
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \

クマー 1匹 = お魚 4本
         = 鉄  200g
         = お米 1袋
         = フィギュア 1個
         =「ひぐらしの鳴く頃に 解」 1枚
         ・       ・
         ・       ・
         ・       ・

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 22:19:49.71 ID:wxdFDzrt0
等価形態は、使用価値が右辺にくるの?

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:28:04.86 ID:MRMyDOv30

         |
     \  __  /
     _ (m) _
        |ミ|
      /  `´  \
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    なるほど。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |  そういえば、うちの族長の佐々木さんが
  \      `ー’´     /   田んぼで米を作っていたお

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\   やる夫もお米は大好きだし、うちの部族でお米が嫌いな奴なんていないお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\  さっそく、お魚をお米に変えてもらうお!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー’´     /

>>40
左辺には自分が交換に出すもの
(だから、交換価値=それにかけた自分の労働が重要)
右辺には自分が受け取るもの
(だから、使用価値が重要。相手がどれだけ働こうが、知ったこっちゃない)

わかりにくくてすいません。
思えば、『資本論』にもきちんと書いてなかったような。この定義。
読者の読解力に期待しすぎなんですよねー。マルクスは。

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:34:31.97 ID:MRMyDOv30

                _  -──-  .
              ‘ ´           `   、
           /             ヽ       \
            , ′           |         ヽ
        / ,             |\        ヘ
          / /      |        |  \.      i  ∧
.       ,′′        |     | |   \.__ |、 |  ∧
       ′i.          |     | ,ム.‐ ¨ ̄ヽ | i !   i
      i |       !     |/      N レ     l      お米が欲しいのかい?
      |  |    !,. ィ弋¨   l/′   ,x==k, Yヽ  |      
      |  ∨   |, ヘ 、ヘ  \ /    fヘn__,ハ|’ | }   |      いいよ。譲ってあげても。
      !  ∨  ‘ヘ.、ヘ.>=k`        ゞ- ‘ |   ∨  ∧     ただ、僕の労働時間から考えて、
       ‘.  ヽ \ ヾi代、_,小.          |   |  ∧     このぐらいは欲しいな
         ∨  \___、__>ゝー’´   、     j  | l ト、ヘ
        ∨    ヽ. \      __.  ‘   / / / ∧|  `
.         i       ー\          /! ,ムイ./
.         |   |  \    ` 、ー-  .. _/  |/  ´
           l   ト、\__、ト—`ー─|       ヽ
.         | ∧トゝ  ̄         /      `  ._  _
        j/             /             `7 ンー- 、
                  ,ィ /             j , ′   ヘ
                ,. く.{               {/      ∧
佐々木さんのオーダー

お米 1袋 = お魚 2本
      = 鉄 xg
      = クマー y匹
      ・     ・
      ・     ・
      ・     ・

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 22:30:00.46 ID:x9Udawhl0
このケースだと魚は獲るのが大変な割りにあんまり使い道ないよね、ってことで合ってる?

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 22:32:45.18 ID:vLor8JGG0
>46
単にやらない夫にとって価値が低いだけでは?
市場が狭いので極端に出るけど他の人では価値が違ってくると…

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:37:42.09 ID:MRMyDOv30

      ____
      /_ノ ヽ、_ \    余裕で取引成立だお!
   o゚((●)) ((●))゚o
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |       |r┬-|     |
  \     `ー’´     /

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\    これでお米1袋に変えて、やらない夫のところに持っていけば、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\   価値どおりにお魚2本とクマー1匹を交換可能だお!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー’´     /

>>46

>>48さんのような状態を想定してください。
当たり前ですが、使用価値の評価は人それぞれです。

やらない夫はやる夫から毎日魚を買わされていたので、
飽きてきたと考えてください。

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 22:41:53.37 ID:x9Udawhl0
なるほど、使用価値が人それぞれだから、共通の評価基準をつくるのか

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:39:18.72 ID:MRMyDOv30

                _  -──-  .
              ‘ ´           `   、
           /             ヽ       \
            , ′           |         ヽ
        / ,             |\        ヘ
          / /      |        |  \.      i  ∧     ちょっと待って。
.       ,′′        |     | |   \.__ |、 |  ∧
       ′i.          |     | ,ム.‐ ¨ ̄ヽ | i !   i     うちの部族の人間はみんなお米を食べるんだから、
      i |       !     |/      N レ     l     どうせなら、みんなの生産物の価値を、
      |  |    !,. ィ弋¨   l/′   ,x==k, Yヽ  |     お米の量で表してしまえばいいんじゃないかな。
      |  ∨   |, ヘ 、ヘ  \ /    fヘn__,ハ|’ | }   |
      !  ∨  ‘ヘ.、ヘ.>=k`        ゞ- ‘ |   ∨  ∧     それぞれの生産物の価値がわかって便利だよ。
       ‘.  ヽ \ ヾi代、_,小.          |   |  ∧
         ∨  \___、__>ゝー’´   、     j  | l ト、ヘ
        ∨    ヽ. \      __.  ‘   / / / ∧|  `
.         i       ー\          /! ,ムイ./
.         |   |  \    ` 、ー-  .. _/  |/  ´
           l   ト、\__、ト—`ー─|       ヽ
.         | ∧トゝ  ̄         /      `  ._  _
        j/             /             `7 ンー- 、
                  ,ィ /             j , ′   ヘ
                ,. く.{               {/      ∧
                 /´   ‘,}         __.  -一1        ∧
             /    厶 -一   ‘ ´       |        ハ
               {     /        __.  -一 ´ :       |
               |     ,’´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                 |

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 22:39:56.79 ID:wxdFDzrt0
佐々木さんがそういうなら、仕方がないな

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:43:39.45 ID:MRMyDOv30

佐々木さんは族長権限で部族の仲間を一堂に集めた。

            _ -  ̄` ー
          /         \
         , ‘       ,、 、   ヽ
        / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
        ,’  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ‘,
          i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !    みんなの商品を、僕のお米1袋と交換するなら、
       ,’.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l    どれくらいの量を出してくれるかな?
       ! !  ヽ_’,    _ __  | f ‘ i i
         { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,’
       トゝヽヘ_、-、_` t – イ /!ィハ/ソ
                  r z’   ,k-、
             _ ┬ ヘ   只  /`7-、
        / ‘, ’,  ヽ/  ヽ’  / / \
          ! 、 ヽ 丶         / /  X!
       | !   ヽ ヽ    , ‘ , ‘   ‘ |
        |   !    \\ _//   , |
         |  l     \ /     ,’   |
        !  ヘ     Y     /   |
          |   }       \      !    !
          !   l     ヽ\   |   l
       |   i            |   |
         j   l              |   |

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:45:19.44 ID:MRMyDOv30

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)       クマー1匹だな
. |     (__人__)       
  |     ` ⌒´ノ        
.  |         }         
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \

       ____
     /      \
   / ─    ─ \   お魚2本だお
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:46:44.71 ID:MRMyDOv30

部族の他の仲間達

         〃^  ̄  ̄ ‘´ ̄ヽ、.         /  ̄ ̄ ‘´ ̄ ̄ヽ、         -‐ー ‘´ ̄ ̄ ̄ヽ、
           //. /   ヽヽ   ハ        ノ/. /二二二ヽヽ  \      <            \        ノ八/, '/从 | 从ヽハ 人      ” i|    し〃 {_{ノハ人ノソハリ| ノ ハ
        {ハ人●    ● レ|、ハ|     ハ小l●    ● レ|、 | |     レ!小l●    ● 从 .|、 |
         | 从 ⊃ _ ⊂⊃|ノ |ri      |│ l⊃ rー- ⊂⊃|ノ |│     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃).|ノi(
      /⌒ヽ. |ヘ        j| /⌒i   ./⌒ヽ.| .ヘ  ヽ ノ   jレ/⌒i !. ./⌒ヽノ|ヘ   ゝ._)    j/⌒i ヽ
     \ /::::>レ>、 __, イァリ   /   \ /:::レ l>,、 __, イァ/   /ノ.  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /  .\
.       /:::::/ / ヘ:::|三/::{ヘ、__∧     /:::::/ / ヘ:::|三/::{ヘ、__∧     /:::::/リハ ヾ:::|三/::{ヘ、__∧.     ヽ
      `ヽ<     ヾ:∨:::/ヾ:::彡'    `ヽ<     ヾ:∨:::/ヾ:::彡'.    `ヽ<     ヾ∨:::/ヾ:::彡' |i ハ  ソ            鉄200g!             小麦2袋!             茶葉500g! 66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 22:47:13.11 ID:wxdFDzrt0 鉄貴重だな

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:49:00.20 ID:MRMyDOv30

                _  -──-  .
              ‘ ´           `   、
           /             ヽ       \
            , ′           |         ヽ
        / ,             |\        ヘ
          / /      |        |  \.      i  ∧
.       ,′′        |     | |   \.__ |、 |  ∧        ありがとう。
       ′i.          |     | ,ム.‐ ¨ ̄ヽ | i !   i        じゃあ、こういうことになるね。
      i |       !     |/      N レ     l
      |  |    !,. ィ弋¨   l/′   ,x==k, Yヽ  |
      |  ∨   |, ヘ 、ヘ  \ /    fヘn__,ハ|’ | }   |
      !  ∨  ‘ヘ.、ヘ.>=k`        ゞ- ‘ |   ∨  ∧
       ‘.  ヽ \ ヾi代、_,小.          |   |  ∧
         ∨  \___、__>ゝー’´   、     j  | l ト、ヘ
        ∨    ヽ. \      __.  ‘   / / / ∧|  `
.         i       ー\          /! ,ムイ./
.         |   |  \    ` 、ー-  .. _/  |/  ´
           l   ト、\__、ト—`ー─|       ヽ
.         | ∧トゝ  ̄         /      `  ._  _
みんなの交換レート

お魚 2本  =
クマー 1匹 =
鉄 200g   = お米 1袋
茶葉 500g  =
小麦 2袋  =
  ・    ・
  ・    ・
  ・    ・

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:51:21.28 ID:MRMyDOv30

こういう形で表すことに成功すると、お米を間にはさんで、
お魚2本=クマー1匹=鉄200g=……と、
部族内で取引されるすべての商品の交換レートがわかるようになる。

つまり、すべての商品の価値が、
米の使用価値を通して目に見えるようになったということだ。

                      , - ─- 、_
                /        `丶
                rー‐<::/ ン-―ー- 、   、 \            {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ            __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸          /,イ>/ .:::/,’:::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|
          {/::| :!{.::ィ’f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、   この「お米」にあたる商品を、一般的に
            |::::ヽ::i:ヽi. r’_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>  通用する等価物という意味で、
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r’;ン´j::::::::: l: V     私は
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/        「一般的等価物」
            lN:ヽ:ヽ::’,:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨               と名づけたわ。
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )’ \ニニ∧ | |!彡ヘ    一般的等価物がないと、最初のやる夫とやらない夫の
          |    \ ヽム    ヽ‐’ .| | }ヘ,__,イ    取引みたいに、使用価値と交換価値の不一致が起きて、
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ    取引が円滑に進まなくなるのよ。
         |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
         |   (>―‐’/ /勺ヽ¨ア    /    }
         |   \三三‐’ノ ^ヽ/   /-―一 ‘

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:53:20.72 ID:MRMyDOv30

やがて時がたち、
一般的等価物を使用した取引が定着した頃……

            _ -  ̄` ー
          /         \
         , ‘       ,、 、   ヽ
        / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
        ,’  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ‘,      お米を尺度にして、部族内での取引は上手くいくようになったが、
          i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !      わざわざ取引のたびに米俵を運ぶのは、重いし面倒だな。
       ,’.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
       ! !  ヽ_’,    _ __  | f ‘ i i
         { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,’      もっと少ない量で多くの価値を表すものに、
       トゝヽヘ_、-、_` t – イ /!ィハ/ソ       一般的等価物を変更しよう。
                  r z’   ,k-、
             _ ┬ ヘ   只  /`7-、
        / ‘, ’,  ヽ/  ヽ’  / / \
          ! 、 ヽ 丶         / /  X!
       | !   ヽ ヽ    , ‘ , ‘   ‘ |
        |   !    \\ _//   , |
         |  l     \ /     ,’   |
        !  ヘ     Y     /   |
          |   }       \      !    !
          !   l     ヽ\   |   l

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 22:55:47.46 ID:MRMyDOv30

                _  -──-  .
              ‘ ´           `   、
           /             ヽ       \
            , ′           |         ヽ
        / ,             |\        ヘ
          / /      |        |  \.      i  ∧
.       ,′′        |     | |   \.__ |、 |  ∧
       ′i.          |     | ,ム.‐ ¨ ̄ヽ | i !   i     こうすれば、取引はかなり円滑に進むぞ
      i |       !     |/      N レ     l     金は少なくても高価だからな
      |  |    !,. ィ弋¨   l/′   ,x==k, Yヽ  |
      |  ∨   |, ヘ 、ヘ  \ /    fヘn__,ハ|’ | }   |
      !  ∨  ‘ヘ.、ヘ.>=k`        ゞ- ‘ |   ∨  ∧
       ‘.  ヽ \ ヾi代、_,小.          |   |  ∧
         ∨  \___、__>ゝー’´   、     j  | l ト、ヘ
        ∨    ヽ. \      __.  ‘   / / / ∧|  `
.         i       ー\          /! ,ムイ./
.         |   |  \    ` 、ー-  .. _/  |/  ´
           l   ト、\__、ト—`ー─|       ヽ
.         | ∧トゝ  ̄         /      `  ._  _
        j/             /             `7 ンー- 、
                  ,ィ /             j , ′   ヘ

お魚 2本  =
クマー 1匹 =
鉄 200g   =  金 10g(重量は適当)
茶葉 500g  =
小麦 2袋  =
  ・      ・
  ・      ・
  ・      ・

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 22:55:13.48 ID:wxdFDzrt0
「米の使用価値」っていってるけど、実は米の交換価値なんじゃね?どうもこのへんが難しい・・・

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:00:14.04 ID:MRMyDOv30

            /   ,,,,,,——–,,,,,::.. \\    \
          / .:::::/  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヽ  \ヽ    ヽ
         ./ , .::::/ ,,,,::::::::::   ヽ   “\:::: ヽ o-,,,  .ヽ
         / ./:::::l .,,-::::l:    ……..\:::::::ヽヽ::::: リヽ .ヽ,  ヽ     私がここで言いたかったのは、
        ./ .l.:::::lr: …..ヽ..:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::lヽ:::::  l ヽ,ソ  .ヽ 
       ./, .ハ  .l .l::::ト:::::::ト::::::::\::::::::::::l-ヽ::l\::::: lノヽ\  .ヽ    貨幣だって、魚やクマーと同じで、
       l / /l ::::l:::ト:::l ヽ:ヽ\::::\-_;;;;;;;;==リ=,,ヽ::::: lン”ヽヽ  ヽ   もともとは一つの商品に過ぎないってこと。
       .l/ ./ l .::::l::l\l-,ミ;;ヽ ”–ニ,,,=’iぅ。::::ハソ.l:::: .lん’ヽヽ::  l   
       .l ”’t .ヽ :::h.l ,,====,゙゙-      .し:::ンリ .l::::.. lゝ)リ>.ソ :::: l    すべてのものが貨幣で表されている現代では、
       .l ::::l”l’ト ::ヽ’l:l ぅ。:ハ        –“” .l::::: l ‘ン::::::: :::::: l   なんだか貨幣が特別なもののように見えるけど、
       l ::l l l\.::ヾ.゙ヾ-ク;;  ,         .l::::::l:::::::::::::::: ::l::: .l    それは貨幣経済が生み出した幻想なのよ。
       .l ::ll,,l .l:::::’トヽ,, ””   .,,,–”””’i    .l::::/i:::::::::::::::: ::l::: .l
        l ::l :ヽ!::::::::l:::::ヽ    ヽ,   .ノ    .イ::://:::::::::::/::: ::l:: .l
        .l :ヽ :::::l,::::::ヽ :ヽヽ ,,,   ゙゙ -”   //::イ/::::::: /:::::::ハ:: l
        .l :lヽ:::::ヽ::::::::::::\::::::””r–,,,,, ,,,-”’ // l/:::::: /l::::::/ l./
         ヽl ヽ:::::::ト :::::::::ヽヽ,::::::l::::,-l    ソ  l:::::: /./:::::/ l/
         丶 ヽ:::l \:::::::::::|”::::/ ン,,イ   ’  /::: / ゙゙゙゙—,,,,,,,
             \l  \;;;-l::::/-””   ,,,  ./ ヽl     / ,ン–,,
              r-rr””  .ソ/;:==-,,,,”’ ”’ン   .丶   / ./  /-,,,
             / l l    ./’,,,—-,,””’ン       ./ ./ /    l
            /| l .l   ./”,,—,,,,, ‘ン       / ./ /      l
           / | | |   ./     ./      / ././       l

>>75
使用価値のないものは、最初から右辺に登場しないので、
使用価値を通して、そのものの交換価値によって他のものの価値をあらわす、尺度になります。

難しいですね。難しいでしょう。
プロのマルクス経済学者でも難しいところです。
だいたいわかればいいのです。どうしても気になるなら、資本論を書店で立ち読みするのもいいでしょう。

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:02:28.85 ID:MRMyDOv30

このような商品には、さまざまなものが考えられる。
歴史的には、黒曜石や綺麗な貝殻などの装飾品の類、金・銀・銅などの貴金属、牛や羊などの家畜、
他にも絹やタバコなどの嗜好品が選ばれた。

言うまでもないことだが、この場合、もし金が大量に発掘されたりして、
金の発掘にかかる平均的な労働時間が少なくなり、一般的等価物の価値が減少すれば、
金10gの部分は20gになったり、30gになったりする。

                      __ _
                  ,  ´二ゝ─‐-─‐ヘ
.                / ./∠ ──‐‐-.ヘ. ヽ、
              /”..://´‐.T.丁¨ T ー 、 Y ’,ヽ
              /./ .:./:./ :.:./l:.! i.:.  !:.:.  ヾ..i:. !:.:ヽ
            / / .:./.:/ :.:./ !:!:. ハ:.: ’,:.:.:.  `!: l:.:.:ハ     貨幣と交換過程の詳細な分析は第二章にまわすとして、
                /.:, イ.:;’.:.`:ト 、バ:.ヽ\.:ヽ,.:.:.:.:.!: !ヘ:.:ハ     第一章「商品」の締めくくりとして、
            / / イ.:.!.:.!:.!, –ヽ、\ ゝ久_丈i:. ! ハ:.ハ    次節では貨幣商品が生み出す「幻想」について分析するわよ!
             /:./  !.:.!.:.i.:f ィ´::ヾ    ´f´::::ヽヾ :!ヽ l:.ハ
              /:./ ,  !.:.!.:.iハ マ_;;;ノ  ,   マ_;;ノ j:. j/ j:.:ハ
            /:/∧, !.:.!.:.!ヘ ””  r==ォ ”” ,/:.イ!ハ┘:!ヾ
         //!:.バ:.:.:| |.:.ハ.:V ゝ、  丶  /  ィ/:./:.:i/^l:.! ヽ
          レ’ !:.! i.:.:.ヾ!ヽハ.:V.:.:.:.:>,  _ ィ´V.:/.:.:/  リ:|
           !:i !.:.:.:.:.:.:.:{ハ.:V’´ /′  .少’/`ー|  /j/
           ヾ ヽ_, ’7// /-、  -/ “  /フ   ヒ=ヽ
              ハ ヽ. /// /’´ ̄/   ///  ,`弋 \
           /  { y’// ,’—/   //- ′.Y´  , `ヽ`l
          /   ヽfl l l  !   /  //〈  `ー〈::….ノ   V
         /        !l l !. ! ./ ///   ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
.      /       _∧ l ! !ロj ///     フ-、`ー┴‐-〃
.     /       /  ハヾ l l ///   ヽ  |  `ー‐一′
     ヽ   ー==广   〈 ヽヾY〃/       >、!

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:04:20.35 ID:MRMyDOv30

      ~質問&休憩ターイム~

                           ,,,iiiiiiiii,,,、
                          ,lllllllllllllllllllii,,
                          ,l゙lllllllllllllllllllllllii,,
   .liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii  .liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii   ゙,,llllllllllllllllllllll!!!丶
   .lllllllllllllllllllllllllll  .lllllllllllllllllllllllllll  ’!llll゙llllllllll!°
   .lllllllllllllllllllllllllll  .lllllllllllllllllllllllllll   .lllllllllllllll
   .lllllllllllllllllllllllllll,,,,,,,,lllllllllllllllllllllllllll|  ,,,iillllllllllllll,、
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|  ゙!!lllllllllllllllllli、
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   .’lllll!゙lllll′
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   .,llll”.゙llll
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   ,llllli、 lllli、
   .lllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!llllllllllllllllllllllllll   .’lllll′llllli
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|   .lllll  .’!lll
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|   .llll   ゙lll
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|  ,llllli,、 .,,illii、

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 23:04:06.12 ID:iUH6R5ax0
>>83
おれの脳みそがクラッシュしそうです。
あとどれくらいこの難しい話が続くか教えて下さい。

>>84
安心してください。
この節が最も難しいです。後は難易度は下り坂です。

私のサークルでは、資本論を読むときは、
三節と四節を飛ばして後回しにすることもあるぐらいです。

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 23:12:08.46 ID:+Feb0aUx0
>>84
つまり、商品の価値はいろんな状況に応じて変化する、と

>>94
しません。「価値」はどれだけの時間働いて作ったか、つまり抽象的人間労働の量で決まります。
それが交換レート、つまり「交換価値」となって表れている訳です。

一方、「使用価値」は人や状況によって、異なってきます。

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 23:04:18.36 ID:REJNpi7A0
>>83
金のインフレか
やっとこさインフレがわかった気がする

>>85
第三章で詳しくやります。今晩中に。

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 23:05:47.51 ID:x9Udawhl0
>>64-65では自己申告で価値が決まっていたけど、
そのレートが適切かどうかって話は後々出てくる?

>>88
レートが適切でない場合というのは、
労働時間で計られる価値が、左辺右辺で異なっているということですよね。

そうなると、第一節で検討したように、
次々と転職がおこり、米農家が減ったり増えたり、あるいは他の職種が増えたり減ったりして、
最終的に交換を通して、需給のバランスがとれて、適切なレートに落ち着きます。
以前にも言いましたが、マルクスは市場を否定しているわけではありません。

この節で説明したのは、交換価値と使用価値が対立しているにもかかわらず、
どのようにして、交換が成立するのかということを、追っていったわけです。

結果、最終的に(佐々木さんの活躍によって)貨幣商品というものが生まれました。
四節を終わらせたら、二章・三章では貨幣商品がどう動いていくかについて、見ていきます。

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 22:52:57.77 ID:uT4+eZSQ0
なら

お魚 2本  =クマー 1匹?

>>71
そうです。昨日の原始時代の仮定をそのまま持ち越しているので、
お魚は三時間、クマーは六時間の抽象的人間労働が凝固しています。

要するに、やる夫は魚を食べたくなかったので、吹っかけたわけですね。

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 23:13:32.11 ID:REJNpi7A0
やらない夫じゃね

>>96
ごめんなさい。やらない夫です。
自分で間違えちゃった……。

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 23:10:27.02 ID:iUH6R5ax0
アメリカなどでは経済学部の人は卒業後投資銀行に行き、
その後、昇進する奴は続けるし、
止める奴は企業買収会社、コンサルタント会社ってのが多いらしいけど、
日本で経済学やってなにに使うの?

>>92
経済学は……そうですね。特に何も使いませんね。
ただ、普通の人より、経済記事やその裏側はわかるようになります。
それだけです。

官僚や政治家になれば、ある程度は使うでしょうね。
経済や政治がわからない官僚なんて、ぞっとしますから。

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 23:15:44.14 ID:vABgJhWy0
このスレで終わるのかい?

>>98
今日中に終わらせるのはちょっと無理が……。
せめてあと一回は別の機会にしないと無理ですね。

剰余価値概念ぐらいは解説したいところです。
完璧に全部を網羅するのはむりでも。

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 23:17:11.74 ID:REJNpi7A0
貨幣には使用価値が無い
交換価値はあるけど

だから貨幣が何故か特別に感じてたんだお
金に置き換えるとわかりやすいな

>>101
ここで見たように、本当は使用価値のあるものでないと、貨幣になりません。
交換の過程に入れませんからね。
金だって、金歯や指輪になりますから。

……そろそろ再開しましょうか。

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:20:46.52 ID:MRMyDOv30

    -==二´….::::::::::::::::::::::::::::::i’ ,     ヾ、 ._-―’´ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::”     _i-― ̄ヽ___ ヽ
     ノ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::i’_|_,-| ̄ |.-―:’| ̄     ヾゝ、
   -‐’::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i–¬―‐i::| ̄:|::::::.::::::|  l、 |    `ヽ、
     ̄|:::::::/:::::::::::::::::::::i’ i:::::: |  i::::|  |::::::::::::::|  |::ヽ |   |^ヽヽ、
    |::/::::::::::::::::::::::i’ i:::::::::::/|  |:::::|ヽ、,ゝ-:i‐!::::|  |::::ヽ|i::!   ヽ、
    |::/:::::i !:::::::::::::i’ !:::”i::::/| !::.::l  |::ヽ、i:|__!:::|  |::::| |::|   |ヽj
   l´/:::ノ| !:::::::::::i::::| -i::/― | |::::|   |:::ャ’。==’ァi::| |::::|、| |ヽ|
 /--’´ |!:::::::::::i!|   i!ェ=ェ、 |i::l    i:! |゚_::: i |!::::| |::::|| |  i|
       | !:iヽ::::::|  {´゚。:::゛!`i|     |  ヽ’ニィ’|:::::| |:::|iノ:::l、 |
       |i! |::::::::ヽ゛ヽれニ’ノ          |::::::::| |::| i::::lヽゝ 『資本論』 第一編 商品
       |i |::::::::::::i.ヽ.      ’       |::::::::::|i:::|i:::::|  
        i| |::::::::::::::`::ヘ、     ‐-     |:::::::::::|!:!i:::::|   第一章 第四節 
        i  |::i ヾ:::i::::::::ヽ、         ィ’|::::::::::::i:!!:::|       ”商品の物神的性格とその秘密”
        | ̄`’ゝー-L_::::::::::`i:‐- 、_  _,ィ’ ´::;;:|:::::::i_:i:-‐’ ̄i
        ヽ       ̄ヽ、|:::iヽi|;;;;;;;;::::::::::i 」-‐’ ,-―’  ̄`ヽ、
      r――`ー――– 、 ヽ、i’i!|;;;;:::::::::,ィ”´ ニ二-―――ニ二二l、
     /_______  `ヽ、ヽ、,r-‐’  ̄_,-‐’ ̄ ̄ ̄    | ヽ
    |` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、 ヽ/ r-‐’ ´              | |   
    |              ヽ====’|                | |
     ,|               |   |    Das Kapital..Ⅰ………..|  |
    〈 |    …………………………n、 |  f^ヽ  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   |
    / |::::::::::::::::::::{x::::::::::::::::i ヽ十、|  |’´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
    |  |:::::::::::::::::::::x::::::::::::::::| |:::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::Karl Marx::::|  |  ←長門萌え

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:21:37.86 ID:MRMyDOv30

       ____
     /      \
   / ─    ─ \    なんだか凄そうなタイトルだお……
  /   (○)  (○)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:23:18.98 ID:MRMyDOv30

.  / / /       l    ヽ     \ \   \      \ \
  / / /           l     ヽ     \ \ _  +-ヽ  ヽ  ヽ
. / / l          l ヽ    \  \   x ´ヽ ヽ\ ヽ ヽ l、  \
/ // |      l    !  l、 ト、  \ 、  く ヽ\、ヽト、ヽ l  l l\ ヽ
_ //  |     l    L -┼、 \  \`‐-ミx〉 _,. -ヽ \  !! ヽ ミ、
∠l    |     _+ 「, ! l ! \ `ー-ヘ  / ,ニ,.-‐’:ヽヽ l\ ! l  ヽlヽ
/ :l l   |     l l l l V _           クf;::::::;:::::.::l | !   ! l トヾ
_ィ | l  l     l l ハ/ __`          つ.:.:::::.::j | |   l!l
 /l |  ト l ヽ lハ/ ,rニ--:::::ミ、           ヾ_ - ′l l  .! トN
../ | ハi  ハ l  V/〈〈 ら::::’:::::.::l                 //!  ト、|
/ | / ll  | ヽ l  ト ヽ. ゛う:.:.:.:.:::j                  //ll   ! l |
.  l/ リ  | f、ヽ \ ヽ. ヽ-‐´        ′       /j   ハ N
    l∧リ, 〉ヽヽ  \\           _      ///  / ,リ ′
       V ヽヽ\  \ミ、、         ´    / /l l /
         ヽlヽ ヽ、  \` 、 _         イ /i ////
           ヽ:、\  \ト\ ¬‐–‐ ‘´ l l/ リ/ツ′
        __ ヽ `へ \、-j         l \
        /l  l::::l  ヽ ̄ ̄`丶ミヽ         l、 ヽ

                ~長門の一口メモ~

この節で扱う「物象化」概念は、いろいろと現代思想に大きな影響を与えているわけですが、
あまりごちゃごちゃ書くと、各方面からツッコミが入りそうなので、
マルクスがこの節で書いていることを大まかに追うだけにしましょう。

物象化論について勉強したい方は、広松渉やルカーチあたりを読んでください。

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:25:07.79 ID:MRMyDOv30

                      , - ─- 、_
                /        `丶
                rー‐<::/ ン-―ー- 、   、 \            {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ            __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸          /,イ>/ .:::/,’:::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|    あんたにもわかりやすいように、簡単に説明するわ。
          {/::| :!{.::ィ’f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、
            |::::ヽ::i:ヽi. r’_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>  この節は、
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r’;ン´j::::::::: l: V    本当は私の思想を構成する、
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/     最も重要な部分の一つなんだけどね。
            lN:ヽ:ヽ::’,:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )’ \ニニ∧ | |!彡ヘ
          |    \ ヽム    ヽ‐’ .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ
         |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
         |   (>―‐’/ /勺ヽ¨ア    /    }
         |   \三三‐’ノ ^ヽ/   /-―一 ‘

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:28:27.85 ID:MRMyDOv30

            /   ,,,,,,——–,,,,,::.. \\    \
          / .:::::/  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヽ  \ヽ    ヽ
         ./ , .::::/ ,,,,::::::::::   ヽ   “\:::: ヽ o-,,,  .ヽ
         / ./:::::l .,,-::::l:    ……..\:::::::ヽヽ:::::  リヽ .ヽ,  ヽ
        ./ .l.:::::lr: …..ヽ..:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::lヽ:::::  l ヽ,ソ  .ヽ
       ./, .ハ  .l .l::::ト:::::::ト::::::::\::::::::::::l-ヽ::l\:::::  lノヽ\  .ヽ 魚を食べる、つまり使用価値で見たときには、
       l / /l ::::l:::ト:::l ヽ:ヽ\::::\-_;;;;;;;;==リ=,,ヽ::::: lン”ヽ ヽ  ヽ 魚は単に美味しいだけなんだけど、
       .l/ ./ l .::::l::l\l-,ミ;;ヽ ”–ニ,,,=’iぅ。::::ハソ.l:::: .lん’ヽ ヽ::  l
       .l ”’t .ヽ :::h.l ,,====,゙゙-      .し:::ンリ .l::::.. lゝ)リ>.ソ :::: l あなたが原始時代の部族でやったように、
       .l ::::l”l’ト ::ヽ’l:l ぅ。:ハ        –“” .l::::: l ‘ン::::::: :::::: l 魚をみんなと交換するとなると、
       l ::l l l\.::ヾ.゙ヾ-ク;;  ,         .l::::::l:::::::::::::::: ::l::: .l  とても奇妙なことが起こるわけ
       .l ::ll,,l .l:::::’トヽ,, ””   .,,,–”””’i    .l::::/i:::::::::::::::: ::l::: .l
        l ::l :ヽ!::::::::l:::::ヽ    ヽ,   .ノ    .イ::://:::::::::::/::: ::l:: .l
        .l :ヽ :::::l,::::::ヽ :ヽヽ ,,,   ゙゙ -”   //::イ/::::::: /:::::::ハ:: l
        .l :lヽ:::::ヽ::::::::::::\::::::””r–,,,,, ,,,-”’ // l/:::::: /l::::::/ l./
         ヽl ヽ:::::::ト :::::::::ヽヽ,::::::l::::,-l    ソ  l:::::: /./:::::/ l/
         丶 ヽ:::l \:::::::::::|”::::/ ン,,イ   ’  /::: / ゙゙゙゙—,,,,,,,
             \l  \;;;-l::::/-””   ,,,  ./ ヽl     / ,ン–,,
              r-rr””  .ソ/;:==-,,,,”’ ”’ン   .丶   / ./  /-,,,
             / l l    ./’,,,—-,,””’ン       ./ ./ /    l
            /| l .l   ./”,,—,,,,, ‘ン       / ./ /      l
           / | | |   ./     ./      / ././       l

   __ r======、_     
   /o :::::::::::::::::::ヽ、/|
  >  l7~~~~~~ / ̄    → ???
  ` ―–===-””    
  >  l7~~~~~~ / ̄ 
  ` ―–===-””    

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:30:58.42 ID:MRMyDOv30

あたかも魚に意志があるかのように、
市場では自分の価値と同じだけの商品と、等価関係を結ぶ……。

私が『資本論』で書いた言葉を使えば、
人間の意志とは独立した、独自の「商品世界」を形成するの。

                 /!
             ______,イ//_____________イi                , 
        _, r ” ” “      _,._,._,._,._,._,_,._, ~`”ー-.、          //
     _,r”””◎  ヽ     _,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._~`”ー-.、    / /
      ゙ヾ,,      |   _,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,..  ~`”=´  |    ヘイ、そこの鉄100g。
     ∠´___     ノ_,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,.  _..-‐”'”  \  ヽ    俺と等価交換しないか?
          ~`”ー-.、_______________________________,,…-‐”'”        \ ヽ
                        !    ,_    _ ’,
                 ,;-‐’′    `Y´  i 
                   /         i   ,!、
               /        _,,,ノ、  ; ヽ、
                ,/       ,;-‐”′`ヽ、    ゙;、
              i’  /_,,;-‐”′     ゙:、    ゙i
              i   `i           ゙:、   ;゙ヽ、

魚1本=鉄100gというのは、やるおの意志で決めたことでもなければ、
鉄の生産者の意志でもないわ。

いつの間にか、あたかも商品の意志であるかのように……決まっているわけ。

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:33:03.69 ID:MRMyDOv30

魚が食べたいから魚をとっていたときには、
やる夫は労働によって魚をとり、魚を支配しているんだけど、

市場に出して、魚を別の商品と交換しなければ生活が成り立たなくなるや否や、
やる夫は魚を取ることを強制される、
……逆に商品に支配されるってわけね!

                 /!
             ______,イ//_____________イi                , 
        _, r ” ” “      _,._,._,._,._,._,_,._, ~`”ー-.、          //   おい、やる夫!
     _,r”””◎  ヽ     _,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._~`”ー-.、    / /
      ゙ヾ,,      |   _,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,..  ~`”=´  |    誰のおかげで生活できてると
     ∠´___     ノ_,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,.  _..-‐”'”  \  ヽ   思ってるんだ?
          ~`”ー-.、_______________________________,,…-‐”'”        \ ヽ 俺を敬いやがれ!!
                        !    ,_    _ ’,
                 ,;-‐’′    `Y´  i 
                   /         i   ,!、
               /        _,,,ノ、  ; ヽ、
                ,/       ,;-‐”′`ヽ、    ゙;、
              i’  /_,,;-‐”′     ゙:、    ゙i
              i   `i           ゙:、   ;゙ヽ、

まあ、これ以上はやめておきましょう。
宇野なんちゃらさんにも、怒られたみたいだし。

ていうかこの魚、マジでウザいわね。

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:35:47.03 ID:MRMyDOv30

       / ,. – fォ   l j    |   、      ヽ、   、  l. l.  `、ヽ \. l
       r’ ´ ,.ィ’ |   l |   ハ   l          l.  ト   l. l、  l. ヽ–‘ l.   この議論には批判があるし、
       lヽ∠/  j   | |   | 、  ト、       l   l ‘,   |_ l.  l  _ン   !   私もきちんと書く前に死んじゃったから、
.       |  〈   lj   トA._ | ヽ.  ’, \       l  Lx‐”ハ |  hヘ ヽヽ |  ここでは議論を掘り下げるのはやめておくわ。
      |  /7-/ l   | | ヽ`”’ト、 \  ‘,. \    ,.ト’´|  l | ||  | l l. ‘, ヽ |  ただ、この節でわかっておいてもらいたいのは次のこと。
        |  / ,’ ’ ハ  | l. ヽ l. `ヽ、ヽ、 ‘、  `ヽ/ N-=リ=、|ノl   | l. l ’, ’,|
.       | ,’ l. / l 〉.  N ,ィz弋ドヽミ` ヽk、   `イo,…、 l`レ l   |. |  | ’, ’,  商品と商品が等価交換できる理由は、
     | l l. l  | /∧. l Y/仏’f¨ヘ. l`.        仆{__ソ,ィ|  |   `l  |  ‘, 〉 商品や貨幣がもともと固有の
      | ヽ l  | l l ゝ ’,ヾ、’ケ、ヽイ,t|         ’つニ’ゥ′ l.  l.  }    l´|  比率をもっていたわけではなく、
      | |  ヽ | | | iヘ ヽ `乞ニ-┘    l       ̄    !  l ノl’´   l.|   あくまで、商品の価値の本質、つまり……
     | |     | | | l、`ヽト.ヽ              ,      ,’  l ´  |    l.|
     ||   lヽヽ丶  ` ミー    ー一…… ´     ィ  ,′   !   l |
.       ||   l. ’,       ヽ、.._             ,// /    /   l. l
        | |、   ’, l、           `ヽ、       ,.-‘ / ,イ    /    j. ′
      l |ヽ  、 ヽ \           ヽ   , -‘ |ー、/,r’/   /   〃 /
       ‘, | ヽ ヽ  ヽ   ヽ、         lー ´   l ,シ^ソ  /     // /
       ゙ヘ. ヽ ヽ  _,.ゝ  〉-`ュ、     ノ      ’1 |  /ー- 、_// ,/

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:40:24.60 ID:MRMyDOv30

            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\        抽象的人間労働かお?
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \
      |      `-=ニ=-      |
      \      `ー’´     / +

       ,  —-‐ 二二ニ 丶 、
      /     / _, —-ミァ、 \
    /   /  /‐’´        ヾコ       そのとおり。
   / rー- /   l j  、ヽ  ヽ    ヽヽ\     やっと噛まずに言えたわね     r‐、
  ,’ ヾ /7 ,’ l .ハ`トム、\  X.   |く  l                          | )
  ,’   /L|  | lレ ,ィ≠ミヽ ` ‘ .ムヽ  } |ヽ!                          / |_____
 .! ,  //| l  | | ` ト:::リ     ヒ:}l !丿 }ヽ\                        , ‘ ´ _ノ
 |│ // | l  | |  `””    , ´| | |/ | | V               ,, –、___ /     –イ
 |│ V | |  | |    r― ‐,   } .| |  V!            _, -‐”´   / ///      ‐‐イ
 | .l    Ll   ! |    ヽ _ / , ´| |│|ヽ !      , -─‐'”´       l | | {       ,ノ
 | !   i !   ! ト 、      /| | ! ハl ヾ   _ /             │ ! | ヽ ,—-‐’´
 | ハ  ! | .!  i .|ゝ   ̄/¨ , ┴ 、リ_ニ–, -‘  /                 ヽヾ丶ノ
 レ’  |  l ! ハ ノリ >≠==- 、 /   /   ´                 フ ̄
    |  /レ レ /     /     ´                _, -‐ ‘⌒
    レ’ |  〃/|                        _, -‘”´
     │ || | |               —=≠——─”’´
     /  .|| ! ヽ        , -‐’ヾ ̄
      |  〃 |  ヽ     /l   \ \

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:47:24.35 ID:MRMyDOv30

こういう不思議な商品の振る舞いが
労働に由来していることを理解するには、
ロビンソン・クルーソーの世界を想像してみればいいわ。

                   /l/l//__ _
                 _)ヽ/        フ_
              ∠             >
              Σ      、、 , ,     ,ゝ
             ∠,     ヾlヾ!ゞvヾlvv〉 lヽ!
             ∠,    ,、ゞ _     ”νミ 
             < 从 ,从 _`ヾ、 ,,-、ノV`
             ”仆((“V 辷9ヘ   /6)/、(      たとえば孤独ならー
              ノ,, ゝy       l /j、l       傷つくのはー 一人ぼっちの自分だけだとー
              ´^v/` ヽ  ー -´/
              / ,!   丶 _,/          ……って、B世界を脱出したとたんに、
          ,, - ‘”l   ‘, ’,   /、  ト、         まさか無人島に飛ばされるとは。
        斥     .|   ヽ   l ソ   ヽ`  、_   
       ノl ヾ    |  , へ弋、/ l/ゝー`   l
.      / .!  \  ゙”””   ゙’l  ノノ       |,
      ノ l l   丶       ヽ/ソ         l’,
     /   ’,    |l    、   〈n’        / ‘,
   ./K.    ’,   .l|.     \  ¦       ,/ l ‘,
   /  ヽ   !  /      ヽ  !   /   / | ‘,
   〉、  ヽ.  ’, ノ         、.!n./    ,/ノ lノヾ
  ,/  ヽ、  ~ ー| ‘,          ヾ      ├ー'”  ,〉
 /    `>ー -┘ ;  \       !     ,/–tー””~

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 23:47:50.43 ID:iUH6R5ax0
>>127
商品同士を比較するとでなく、
商品を作る労働にこそ価値は生まれるってこと?

>>131
『資本論』の中の言葉を借りると、
「どんな物理学者も、商品の中に一原子の「価値」も発見してはいない」

つまり、商品自体が価値を持っているのではなく、
その商品に使われた、抽象的人間労働によって価値が出来ている。
交換のときにあたかも商品自身が「主張」するような交換比率は、
すべての商品に同じく抽象的人間労働が使われているからこそ、価値として比較可能なのだということです。

一番抽象的な部分なので、難しいかと思いますが、ハルヒも言っているように、
ここが資本論の天王山です。

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:49:40.14 ID:MRMyDOv30

                   /l/l//__ _
                 _)ヽ/        フ_
              ∠             >
              Σ      、、 , ,     ,ゝ
             ∠,     ヾlヾ!ゞvヾlvv〉 lヽ!
             ∠,    ,、ゞ _     ”νミ     とりあえず、日没まで十時間あるから……。
             < 从 ,从 _`ヾ、 ,,-、ノV`
             ”仆((“V 辷9ヘ   /6)/、(     森で果物を集めるのに二時間、
              ノ,, ゝy       l /j、l      獣の罠作りに三時間、休憩と昼食が一時間で
              ´^v/` ヽ  ー -´/       それから住居作りに二時間、ラジオ放送が二時間で、
              / ,!   丶 _,/          合計十時間。
          ,, - ‘”l   ‘, ’,   /、  ト、
        斥     .|   ヽ   l ソ   ヽ`  、_    これだけのことを今日中にやるか。
       ノl ヾ    |  , へ弋、/ l/ゝー`   l
.      / .!  \  ゙”””   ゙’l  ノノ       |,
      ノ l l   丶       ヽ/ソ         l’,
     /   ’,    |l    、   〈n’        / ‘,
   ./K.    ’,   .l|.     \  ¦       ,/ l ‘,
   /  ヽ   !  /      ヽ  !   /   / | ‘,
   〉、  ヽ.  ’, ノ         、.!n./    ,/ノ lノヾ
  ,/  ヽ、  ~ ー| ‘,          ヾ      ├ー'”  ,〉
 /    `>ー -┘ ;  \       !     ,/–tー””~

……というかたちで、交換のない社会では、
人間は自分の労働時間を基準にして働く内容を決めるはずよ。

もちろん、貨幣なんか意味ないわ。

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:55:00.39 ID:MRMyDOv30

                        -―――-
                  / : / / ̄ ̄`ヽ`ヽ、
                / : :_/. :/´「 ̄ ̄、`ヽ、 ヽ
                  /.:/ !: :/_/l: ! : : 、:ヽ : : :V ∧
                i::〈_人!: :l∧\ヽ: : :i : i : _: ト、: i   つまり、商品の価値の本質は、
.               l:://l/ !:::lf千 ミ、ヽ\!≦´V lく: :l   そこに費やされる労働にあるってわけ。
             lく/〈/´!::l ゞ-‘   弋冫j/l l〉 !
             l ::!:::ヽ、!::l   、_′   /:∧!: :!    これが一章「商品」のまとめ。
                !::l:::::::::∧ト、   ー ′/:/.:/ ハj
.                Vヽ、:::::lヽ、丶、_ ィ/.::/.:/j/      次章からはだんだん具体的な内容に入っていくから、
    (\_       _>、:::!、|ヽ   ト、/イ/        心配しなくても大丈夫よ。
     > _`ヽ__   /ヽ   ヽ! \  _ヽ ̄ ヽ_
  rf壬‐_´__ノ Vヽ / ∧       ヽ´__`ヽ   ト、ヽ
       〈\  ノ ト、!// 丶       、__`i   l  }
      /ヽ ̄  ノ ∨    、     l   !   !/ ヽ、
        {   ̄    l   / \    l   l  ∧    \
.      \      l\ //   \  !  ! / !/    ヽ
        ヽ ̄       /ヽ、    ヽ、!  l / /  ̄   /

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:58:08.03 ID:MRMyDOv30

       ____
     /      \
   / ─    ─ \     なんで難しい内容から先にやるんだお……?
  /   (●)  (●)   \   頭がガンガンして死にそうだお
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

                    /__/  /  /  ‘  l     ,   ‘,\ヽ ヽ ヽ
             /`!    /´_/  / ./!  !   !     ‘,.  l .:.l`|  .:ト、’,
             | |   / / ,’  /.:./  |  !’,  ’,    l  :|..:.|.:|  .:ト、\
             | |   ∨/|  :!.:/ ̄`ト、:! ‘, .:.:’,  , 斗‐┼┼|  .:|、\ 〉
         ,.-、 | |   /\_ .:l:,’    ! .:.|ヽ’, .:.l∨ .:| :l.:|.:.:|.:|  .:| \У    物事を論理的に説明するためには、
       r‐| _ヽ,! |   ,’  / ,| .:.:!{    ヽ:{.  ヽ、’, \.:|:ノ//l |  .:|__〉|    抽象から具体へ行くのが一番でしょ。
     /! !〈 ∨ |  ,  / ,ハ .:.’, _,,.___,,二    ``二,,_.,,_ノ.:|  .:| |、ヾ
     ! ’、 ヾ、\|  !: / // ,l\ヽ ´¨¨´   ‘       `¨¨`ノ:,’ .:.:.,’! !:\\   そういうことよ。
.     \ \_ト}  `{  |:.l l l { !.:.:.\、    l二二二’、     / .:.:./:| |.:l.:|l }
       | `¨´/  | |ト、j|`!.:.:.:Λ`   ’,     /     ‘ .:.:./.: | |.:l.:|| /    まさかあんた達がここまでついてきてくれると
      ‘,  {     !  |:.| N.:l:|:.:.:.l:|.:\    ヽ.__/     ,. / .:.:/ .:. レ’: l.:|`    思ってなかったから、 正直、びっくりだわ。
     ┌ゝ、__   ノ、  ‘,:! |.:l.:l:|:.:.:.l:|:.:.l:个 、       ,.ィ’´:/ .:.:/.:.:.: /.:. j.:|
     ト、.___ ̄__,’   ヾ ’,.’,.!:’, .:.l:|.:.:{: l/|` ー‐ ‘´ 卜/, .:./.:.:.:, ‘.:.: /}.:!     次章からは加速するわよ。
    __j`ー—-‐/    \ヽヽ.\:{>’´ /ノ       _///.:./.:.:. / 〃     一気に二章、三章をやってしまうからね!
      ヽ、__ ______{   , ー厂 ̄´\`ヽ. ,’        __/´//\:. //
    |          ヽ. / |      ヽ  ,’   _ ___  | ’´   `¬ー 、
.   j             〉′  !        } ! ̄      ̄`|           ヽ
  /            /   , l       |          |            |  ‘,
. /            /    l !       |         |           !  ’,、
 !            /    l ,ハ.        |         |            /    !\                           ――続く

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/09(日) 23:58:28.60 ID:MRMyDOv30

      ~質問&休憩ターイム~

                           ,,,iiiiiiiii,,,、
                          ,lllllllllllllllllllii,,
                          ,l゙lllllllllllllllllllllllii,,
   .liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii  .liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii   ゙,,llllllllllllllllllllll!!!丶
   .lllllllllllllllllllllllllll  .lllllllllllllllllllllllllll  ’!llll゙llllllllll!°
   .lllllllllllllllllllllllllll  .lllllllllllllllllllllllllll   .lllllllllllllll
   .lllllllllllllllllllllllllll,,,,,,,,lllllllllllllllllllllllllll|  ,,,iillllllllllllll,、
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|  ゙!!lllllllllllllllllli、
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   .’lllll!゙lllll′
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   .,llll”.゙llll
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   ,llllli、 lllli、
   .lllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!llllllllllllllllllllllllll   .’lllll′llllli
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|   .lllll  .’!lll
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|   .llll   ゙lll
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|  ,llllli,、 .,,illii、

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 23:52:53.23 ID:fUAwQ/650
マルクスは近経の中で活きるらしいんだが資本論はまだ読んでないんでwktkしなが見てる
で、1の先生は環境系の人?

>>136
本ゼミとオブザーバーのゼミ、二つ出てますが、両方とも学説史です。
(個人特定されそうで怖いが)

僕自身はゴリゴリの反マルクスで大学に入ったのですが、
先生も先輩もサークルの同級生もOBも、全員マル経だったので、
まあ、嫌いながらに勉強しているうちに、それなりに知識がついた感じです。

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/09(日) 23:58:19.80 ID:Yvg7SFts0
そういえば東経大の今村先生こないだ亡くなったね
大学近くのファミレスでJPOPのBGMが気にくわなくて
クラッシック流せって言って怒ったことがあるって
話聞いてちょっと笑った

>>141
惜しい人をなくしました……と言いたいのですが、
ちょっとあのマルクスの翻訳は……。

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:00:20.98 ID:TcjxrUoE0
ようは、抽象的労働も、コンピューターが必要な世界じゃコンピューターを提供してくれる
人がいてこそ活きてくるんだけど、このコンピューターを提供するビル・ゲイツ
が搾取しすぎでしょ

ってことですか?

>>143
うーん。
まあ、あと少しで剰余価値の話になるので、まっててください。

ぶっちゃけて言うと、
金を持ってる人が、その金で搾取マシーンを作ってますよね? って話です。
コンピューターを提供してくれる人が儲けても、別に困らないのです。

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:07:48.21 ID:TcjxrUoE0
レスサンクス。剰余価値の話まで起きていられるかわからないけど、がんばってみる
近経も勉強してるの?

>>153
いえ、今日は剰余価値の話まで行きません。
ご安心ください。

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:02:15.07 ID:4ViVCvRb0
今日は何時ぐらいに終わる予定?

>>144
前回は死ぬほど朝が眠かったので、
今回は一時には終わるかなという気がします。

あと一話だけなので、そんなにかからないかもしれません。
ちょっと、お酒を飲みたいので、休憩時間を長く取らせていただきますが。

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:02:29.91 ID:gZn4AXxS0
今全体の何割位、話進んでるの?

>>146
半分ぐらいでしょうか。

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:02:38.54 ID:sjAtKnT00
>>1さんは童貞ですか?

>>147
禁則事項です。

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:06:06.77 ID:igv4VR/l0
>>1さんの今の仕事は?

>>151
学部三回生です。ゆとりです。

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:07:02.60 ID:I4SLwrqF0
何歳から経済学始めたの?
哲学だと誰が好き?

>>152
中学校時代に、サミュエルソンの『経済学』を読み、
なんて合理的な社会の分析方法があるんだと感銘を受けました。
それからフリードマンの『選択の自由』を読み、経済学部に行こうと決めました。

マルクス? なんかアホなヒゲ親父だよね?
……ぐらいの認識で大学に入ってきたので、いろいろ苦労しました。いろいろ。

哲学者だと、最近の方ならリチャード・ローティが好きです。
ハイエクを哲学者に含めるなら、ハイエクも好きです。
あとは、ウェーバー、アレント、フーコーあたりでしょうか。
すいません、やっぱり社会科学の徒ですね。哲学って柄じゃないです。

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:09:22.96 ID:RQmPF2qw0
>>1では資本論第一巻と書いてるが、、、三巻までやらないのか?

>>155
資本論はひとまず一巻、それも剰余価値まで行けば、
かなりわかった感じになりますので、皆さんにはその感覚を味わっていただけたらなと。

正直、機械制大工業とか出来高賃銀の章は、現代的な意味というよりも、
経済史的なお勉強になっちゃうので、そのあたりはばっさり省略します。

二巻以降は、いろいろ解釈がバラけるので、手を付けない方向でいきたいかと。
とにかく、剰余価値の第七章を目指します。

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:16:48.82 ID:RQmPF2qw0
経済学の必修本て何ですか?

>>161
今は必修本がないのが特徴です。
昔はサミュエルソンとヒックスが必修だったのですが、今はもう古いですから……。
マンキューの教科書が僕は好きでした。

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:18:00.99 ID:TcjxrUoE0
学説史は小田中直樹のやつ読んだくらいで授業もとってないんだけど、お勧め本とかありますか?
あと、伊藤誠の資本主義経済の理論以外で、入門資本論みたいなのとかもあったらよろしく

>>162
根井雅弘『経済学の歴史』
八木紀一郎『経済思想の歴史』

この二冊がお勧めです。両方とも文庫。
根井先生はどれも読みやすくて面白い!

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:18:33.45 ID:PyWhS8Lq0
やっと追いついた
わかりやすくていいね
他の古典はやる予定ないの?

>>163
ご要望があれば承ります。

「やる夫が『存在と時間』を読み始めたようです」
……いやだ、絶対やる夫のイメージじゃないw

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:15:52.63 ID:o7G9IsS40

     _
    , ^   `ヽ
   イ fノノリ)ハ
    リ(l|゚ -゚ノlリ  そろそろ再開しようかな?
     と)京iつ
     く/_li〉
     し’ノ

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:21:45.56 ID:o7G9IsS40

    -==二´….::::::::::::::::::::::::::::::i’ ,     ヾ、 ._-―’´ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::”     _i-― ̄ヽ___ ヽ
     ノ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::i’_|_,-| ̄ |.-―:’| ̄     ヾゝ、
   -‐’::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i–¬―‐i::| ̄:|::::::.::::::|  l、 |    `ヽ、
     ̄|:::::::/:::::::::::::::::::::i’ i:::::: |  i::::|  |::::::::::::::|  |::ヽ |   |^ヽヽ、
    |::/::::::::::::::::::::::i’ i:::::::::::/|  |:::::|ヽ、,ゝ-:i‐!::::|  |::::ヽ|i::!   ヽ、
    |::/:::::i !:::::::::::::i’ !:::”i::::/| !::.::l  |::ヽ、i:|__!:::|  |::::| |::|   |ヽj
   l´/:::ノ| !:::::::::::i::::| -i::/― | |::::|   |:::ャ’。==’ァi::| |::::|、| |ヽ|
 /--’´ |!:::::::::::i!|   i!ェ=ェ、 |i::l    i:! |゚_::: i |!::::| |::::|| |  i|
       | !:iヽ::::::|  {´゚。:::゛!`i|     |  ヽ’ニィ’|:::::| |:::|iノ:::l、 |
       |i! |::::::::ヽ゛ヽれニ’ノ          |::::::::| |::| i::::lヽゝ   『資本論』 第一編 商品
       |i |::::::::::::i.ヽ.      ’       |::::::::::|i:::|i:::::|  
        i| |::::::::::::::`::ヘ、     ‐-     |:::::::::::|!:!i:::::|         第二章  ”交換過程”
        i  |::i ヾ:::i::::::::ヽ、         ィ’|::::::::::::i:!!:::|          第三章  ”貨幣または商品流通”
        | ̄`’ゝー-L_::::::::::`i:‐- 、_  _,ィ’ ´::;;:|:::::::i_:i:-‐’ ̄i
        ヽ       ̄ヽ、|:::iヽi|;;;;;;;;::::::::::i 」-‐’ ,-―’  ̄`ヽ、
      r――`ー――– 、 ヽ、i’i!|;;;;:::::::::,ィ”´ ニ二-―――ニ二二l、
     /_______  `ヽ、ヽ、,r-‐’  ̄_,-‐’ ̄ ̄ ̄    | ヽ
    |` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、 ヽ/ r-‐’ ´              | |   
    |              ヽ====’|                | |
     ,|               |   |    Das Kapital..Ⅰ………..|  |
    〈 |    …………………………n、 |  f^ヽ  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   |
    / |::::::::::::::::::::{x::::::::::::::::i ヽ十、|  |’´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
    |  |:::::::::::::::::::::x::::::::::::::::| |:::::::| |:::::::::::::::::::::::::::Karl Marx::::|  |  ←AAずれてる

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:22:46.91 ID:o7G9IsS40

       ____
     /      \
   / ─    ─ \     なんでやる夫はこんなワケワカラン本を読んでるんだお?
  /   (○)  (○)   \   もう家に帰って、萌え萌えメイドさんが出てくるエロゲでもやっていたいお
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:23:46.93 ID:o7G9IsS40

                      , - ─- 、_
                /        `丶
                rー‐<::/ ン-―ー- 、   、 \            {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ            __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸          /,イ>/ .:::/,’:::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|    同感ね。
          {/::| :!{.::ィ’f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、   
            |::::ヽ::i:ヽi. r’_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>  私もメイドさん、大好きよ
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r’;ン´j::::::::: l: V
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/
            lN:ヽ:ヽ::’,:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )’ \ニニ∧ | |!彡ヘ
          |    \ ヽム    ヽ‐’ .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ
         |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
         |   (>―‐’/ /勺ヽ¨ア    /    }
         |   \三三‐’ノ ^ヽ/   /-―一 ‘

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:26:09.33 ID:o7G9IsS40

       / ̄ ̄\
     /  ヽ_  .\     ……
     (○)(○ )   |         ____
     (__人__)      |           /      \
     l` ⌒´    |      /─    ─  \    
    . {         |       / (○)  (○)   \
      {       /      |     (__人__)      |
      ヽ     ノ、     \    ` ⌒´     ,/

           ,∠// ____   ヽ ヽ \
      ,r== <¨ / ,' , '/ ´ ィ    ` ¨ `ヽ ヽ ヽ     /'´    V / ,' / /| │     ヽ  |  !  ',     |      ヽ. { { X   ! ハ ヽ    }  |   |ユ\     |       ヘ| レ' `ヽレ、 \ ヽ_ ,ムvイ  l _/}     なに驚いてんのよ。     V        Vィチ示   ' `'' ,r=zミx| i  ! |ヾハ     私のメイドさん好きは有名でしょ      ヽ       ! Vzソ      kチソ l !  ! |ヽ i|      ヽ       |  ̄ , ― 、  ゞ‐' ,','  ,'_ V .     /ヽ     ∧   l    !    ,〃  ,' ,'  ,' .   r'⌒      '  \ 弋  ノ   ノ/   / / / .   |    ヽ      \ 二´ィ ´ ィハ , ' , ' /   丿      <\ |   l    │ ノ∠ /| ,'   (   、     ィ_.ノ    |    `¨~〉ノ`ー-V   /    \   /´     l_   _ , ' ´    `ヽ   \ `\ `ー{,    -―ヘ ~¨´          ヘ     \  ` ー `ー ´     V             |

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:28:35.94 ID:o7G9IsS40

マルクスは妻イェニーのメイドであるレンシェンに手を出し、
孕ませた前歴がある。

             / ´/       | |                ヽ  ヽ
             l  ./      / /|  |     i     \      ヽ  l   
             L ._l   /  / / |  ハ     ハ     ヽ     .ヽソ
              l   /  .l /  l |_ヽ  ヽl \_     ヽ    l .l     きゃっ、ちょ、ちょっと、
              |   |   l/  __,ヽ-” \   l.゙”-_\    l    | |     なにするんですか……
              |  亅_,,ト‐'”  ヽ!  ゙\  ヽ  ゙” 弋—|   ./ |
              ハ   l  | 〃ニハヽ′    \ ヽ/ハニミ \l   /./|      やめてくださいマルクスさん
              l ト  ヽ |{{ {{゜::::::::}}       ̄.{{゜:::::::}} }} l  / /|.|       
              .| l ハ ヽ_|{ {{o::::。:}}        {{o:::。:}} .} //トく リ
              .j .l ヽ ト- _ヽ ○==-    ,     ー==○ソ/  | .ノ  |      あっ……///
              | /  .゙|  ヘ                  /  l/′ l
         ____…. |/   |   ヘ      ,—-‐‐、     イ   l    l  __,,_
       /”ヽ    `゙ ー-|    |.lヽ、     ̄ ̄ ̄    / l    l  /'”   i   ヽ
       /   l  __    l    .l l  ’-..、      _ -“ /l    l/  ,,- 、 j    .}
      〈__  丶ヘ  ゙’‐、 j    .l  l _r┤ ‘ヽ、_.. ‐” ,,ト、 / l l   l  r  ト-、”    }
       _ }  r”::::゙、  l   i ト==l上__ ゙”ー一r- ””  ト-|_, l .l    l/´ 亅:::::::\   丿
      / ”  /::::::::::l  l   _ –<",,ヽ、__)   |   /    l l 、  l  |::::::::::::::::ヘ {_      l   /:::::::::::::::l  .l /¬f-,,_)"フ"-,    .|        リ    l  ~~j:::::::::::ヽ   }      |   /::::::::::::,~  [  人_J  l .j l  _,,-'フ''"_"' "'-__ }    l  /::::::::::::::弋  .|      |  /:::::::::::::::|   j   ヽ    l l  l  'ー-./ ィ~i -''"  ゙''}    lr ~:::::::::::::::::::::::ヽj 171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:28:57.27 ID:pLM+FMc00 マジかw 172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:29:11.14 ID:JyPwvj8t0 マルクス...恐ろしい子! 173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:30:06.55 ID:nF45wmmE0 資本論と関係ねーじゃんwww 175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:30:52.21 ID:kIcEdu/L0 まあ妊娠だって精子の競争だからある種の資本主義だな

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:31:21.12 ID:o7G9IsS40

しかも、その子供を育てるのが面倒だったために、
友人のエンゲルスに押し付けるという暴挙に出ている。

                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,’::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ’,! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|   勘弁してくれよまったく……
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `’ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ  u.     j       //ノ
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `’-、. `’ー-r<´        , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \      , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr’´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,   /    _ --‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i  /   /            !     `トー〈   !    /  |      フリードリッヒ・エンゲルス(1820 - 1895)

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:32:31.81 ID:o7G9IsS40

これは完全な余談になるが、
重度のメイドオタの哲学者としては、

『死に至る病』で知られる、実存主義哲学者のキルケゴールがいる。

彼は自分の著作の中で次のように書いている。

***

一般に、女中風情に興味はないという男があるなら、それで損をするのは、女中さんたちよりも、むしろそういう男なのだ。
女中さんたちの色とりどりな軍勢こそ、ほんとに、わがデンマークの有するもっともすばらしい市民軍なのだ。
もしぼくが国王だったら──何をすればいいか、ぼくはちゃんとわきまえているつもりだ──ぼくは常備軍の閲兵などはおこなわないだろう。
もしぼくが市の三十二人の議員の一人なら、即座に公安委員会の設置を提案して、視察したり、相談にのったり、熱心に教えたり、
しかるべき褒賞をあたえたりして、装いが趣味豊かで注意のよくゆきとどいたものになるよう、女中さんたちの督励に万全の策を講じさせるだろう。
どうして美を浪費してよいものか、どうして美しいものを、一生人目につかせずに終わらせてよいものか、
せめて週に一度ぐらいは、光を浴びさせて、美しく際だたせてやりたいものではないか!
しかし、それには何より、豊かな趣味が、節度が必要だ。女中が淑女のような服装をしてはいけない。
この点では、”ポリティヴェンネン”誌の主張は正しいが、尊敬すべき同誌があげている理由は全く間違っている。
このようにして女中階級がいつか望ましい花をひらいてくれることを期待することができるとすれば、
それは、やがてまた、われわれの家庭の子女に有益な影響をあたえることになろうというものではないか?
それとも、ぼくが、このようにして、真に無比ともいえるほどのデンマークの将来を予見するのは、大胆にすぎるであろうか?
幸いにしてぼく自身、そのような黄金時代に生きてめぐりあうことができるなら、日がな一日、心安らかに、
大通りや横町をさまよいあるき、目をたのしませることもできるというものだ。
これはまた、ぼくの思いは、なんと遠くまで、なんと大胆に、そしてなんと愛国的に、空想をはせたことだろう!
しかし、ぼくもやはりここフレーアリクスベルクに出かけてきているのである、
ここは、日曜日の午後に女中さんたちがやってくるし、ぼくも出かけるところなのだ。

――キルケゴール『誘惑者の日記』

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:33:38.79 ID:dRPP44/s0
キルケゴール自重wwwwwwwww

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:34:48.20 ID:pLM+FMc00
熱すぎるww

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:35:52.19 ID:o7G9IsS40

数行で要約すると、次のようなことだ。

      ドッカーン!               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      (⌒⌒⌒)…              |  メイドさんはデンマーク市民軍よりもすばらしい。
      |||.                |  もし僕が国王なら、軍の面倒など見ずに、メイドさんの調教に励む。
     _____                 |  
   /::::::::::::::::::::::::::\~プーン.         |  ちなみに、メイド服以外は認めない。
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\~プーン        |  
  |:::::::::::::;;;;;;|_|_|_|_|~プーン..      |  メイドさんがいれば、萌えで国が明るくなる。
  |;;;;;;;;;;ノ∪  \,) ,,/ ヽ~          |  
  |::( 6∪ ー─◎─◎ )~         |  だから、愛国者である僕はメイドさんを視姦するために、
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)~          .|  今日も町をさまよい歩く。
  | ∪< ∵∵   3 ∵> ムッキー!    <  
  \        ⌒ ノ______    |  
    \_____/ |   | ̄ ̄\ \   |  
___/      \   |   |    | ̄ ̄|….|  
|:::::::/  \___   \|   |    |__|….|  
|:::::::| \____|⊃⊂|__|__/ /   |  
|:::::/        | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕   \________________________

 セーレン・キルケゴール(1813 – 1855)

参考:ttp://www.geocities.jp/trushbasket/data/my/dame01.html

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:37:04.73 ID:JHsgRokN0
キルケゴールのママンがメイドで、家の主人にレイープされて生まれたのがキルケ

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:40:09.02 ID:RQmPF2qw0
>>186
つまり、キルケの父はマルクス?、、、、え?

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:37:13.73 ID:o7G9IsS40

       ____
     /      \
   / ─    ─ \   どう見てもキモオタです。本当に(ry
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

            /   ,,,,,,——–,,,,,::.. \\    \
          / .:::::/  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヽ  \ヽ    ヽ
         ./ , .::::/ ,,,,::::::::::   ヽ   “\:::: ヽ o-,,,  .ヽ
         / ./:::::l .,,-::::l:    ……..\:::::::ヽヽ:::::  リヽ .ヽ,  ヽ
        ./ .l.:::::lr: …..ヽ..:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::lヽ:::::  l ヽ,ソ  .ヽ
       ./, .ハ  .l .l::::ト:::::::ト::::::::\::::::::::::l-ヽ::l\:::::  lノヽ\  .ヽ    さっ、余談はここまでにして、
       l / /l ::::l:::ト:::l ヽ:ヽ\::::\-_;;;;;;;;==リ=,,ヽ::::: lン”ヽ ヽ  ヽ    続きに入りましょう。
       .l/ ./ l .::::l::l\l-,ミ;;ヽ ”–ニ,,,=’iぅ。::::ハソ.l:::: .lん’ヽ ヽ::  l
       .l ”’t .ヽ :::h.l ,,====,゙゙-      .し:::ンリ .l::::.. lゝ)リ>.ソ :::: l
       .l ::::l”l’ト ::ヽ’l:l ぅ。:ハ        –“” .l::::: l ‘ン::::::: :::::: l
       l ::l l l\.::ヾ.゙ヾ-ク;;  ,         .l::::::l:::::::::::::::: ::l::: .l
       .l ::ll,,l .l:::::’トヽ,, ””   .,,,–”””’i    .l::::/i:::::::::::::::: ::l::: .l
        l ::l :ヽ!::::::::l:::::ヽ    ヽ,   .ノ    .イ::://:::::::::::/::: ::l:: .l
        .l :ヽ :::::l,::::::ヽ :ヽヽ ,,,   ゙゙ -”   //::イ/::::::: /:::::::ハ:: l
        .l :lヽ:::::ヽ::::::::::::\::::::””r–,,,,, ,,,-”’ // l/:::::: /l::::::/ l./
         ヽl ヽ:::::::ト :::::::::ヽヽ,::::::l::::,-l    ソ  l:::::: /./:::::/ l/
         丶 ヽ:::l \:::::::::::|”::::/ ン,,イ   ’  /::: / ゙゙゙゙—,,,,,,,
             \l  \;;;-l::::/-””   ,,,  ./ ヽl     / ,ン–,,
              r-rr””  .ソ/;:==-,,,,”’ ”’ン   .丶   / ./  /-,,,
             / l l    ./’,,,—-,,””’ン       ./ ./ /    l
            /| l .l   ./”,,—,,,,, ‘ン       / ./ /      l
           / | | |   ./     ./      / ././       l

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:38:15.26 ID:dRPP44/s0
そんな100年以上昔にもメイド萌えってあったんだなー

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:38:42.32 ID:2rIArIwn0
余談すぎワロタwwwwwwww

だがそれがいい

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:39:05.30 ID:I4SLwrqF0
キルケゴールの母親はメイドで、実はキルケゴールのおやっさんにレイープされた。
って話を聞いた事があるな。そのあとおやっさんはキリスト教にはまって免罪符やら何やら買わされて大変だったらしい。

ようするにメイド萌え

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:39:37.03 ID:DrDDjqLl0
熱いぜ
熱すぎるぜキルケゴール

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:39:48.74 ID:o7G9IsS40

              /  ̄ ̄ ヽ   _  –―――――-、
             /、     /  /´、           ノ
             {   ーrー’´  /  ノ_    _  -‐’´
             \  }―‐‐-/ /    ̄ ̄
            /::::\, ゝ―</ヽ
               /:::::,:/:fィ:´丁:、::`ヽlヽ:ヽ
           /:::rィワ:::レトk八:::ヽ::’,::}::l:::::l         第二章の内容を要約すると、
          ,’:::::〉テ!:::l ィ=ミー\{ムイ::P!:|         貨幣商品には必然的に金が選ばれるってこと。
            l::!〈/イ:!:::lヘュ;j   {:;トi:::l)i::|
            |::!:::lヾヘ:::!  、_’, ` ハj/i::!         さっき佐々木さんとやる夫がしてたみたいに、
           レ!:::|::’, :ヽ:ト.、   //’ハ :!         交換経済がずっとずっと進んでいくと、
           ヾヘヾ::::’f`t≧tく-v{:/  リ         必然的に、貨幣として便利なものが
             >ヘ:{ ノヘ_> ゙̄ヽ      _    一般的等価物として選ばれるようになるわ。
            〃          、l、   〃 -、`=っ
           /        ヽ  ,ィ´`ヽ /ヘー-┬-ツ  貨幣に必要な性質ってどんなものがあげられる?
           ,′  ァ ,イ ̄ `ヽl/.: : : .!:}/`ヽr~’
             /   人.y: :ヽ : : : . }: . : : : jノ  /
         /   / ヽ: : 、 _ヽ; : ‘`: : : :f:i′ ./
         /    /   \.: : : :’, : : : : : !{  /
         /   く     ヽ : : :i : : : : :!lー”
        ヽ、   ヽ、_r=┐ ): : :! : : : : iハ
         ` ー- ..__ノ   }、/: : :,’ : : : : : i: ‘,
              ーァーイ /: : :,’ : : : : : : :’, :l
             _r、{_/ ノヽ: :.{: : : : : : : : j;イ
               `┴‐’´/   \: : : : : : : / .!
               ,′    ヽ: : : : :/  |
               !      ヽ: : /  |
               i       }_/    l
               .!         !′   !
                l       |    l

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:43:24.45 ID:DuUYR5Qr0
>>192
錆びない、摩滅しない、分割しやすい、みんながほしがる、とかだよね。
この条件を満たす理想的な素材は金(きん)だ、って向坂逸郎が書いてたな。

でも、絶対、金(きん)か??? 西洋の歴史から逆算しただけみたいに感じる。

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:45:26.43 ID:nyj9fBoA0
>>198
そこは天下り論でしかないんだが、実際問題として単体で産出する金属って金以外ないんだよね
金属でなければ加工しにくいし、金であることに必然性はないが妥当性はあるわけだ

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:51:03.16 ID:o7G9IsS40

          , -=―=―- 、 _    
       〃⌒>’´  /    丶`ニ=‐’
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \  
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ     ~長門の一口メモ~
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j  >>198 >>200
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{    私も疑問に思って、何人かの先生に聞いてみたことがあります。
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ‘ /〈リヽ    しかし、納得のいく合理的な答えが返ってきたためしはありませんでした。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|::資::>ミ;>    ひどい人になると、,
          ノ \- 厶]:本:f }::/:/    「そこにあり、現に多くの文明が金・銀本位制をとっている。
       r=<    V三|::論::| |/:/     唯物論とは、そこにあるものをそうと認める思想だ」
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、     これはひどすぎですね。
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ     とはいえ、ある程度の埋蔵量があり、多すぎることもなく、
       `、   ヽ \.>j    ハ│     劣化しにくく、分割可能で、一般的に使用価値がある……
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|     そう考えると、金または銀というのは妥当ではないでしょうか。
        lヽ  勹’´      // l !
        |∧ 〃     /Y_│’,
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ
           〉ヽ     /  ji |{i  !  ヽ

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:41:32.86 ID:o7G9IsS40

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)        腐ったりするものはまずいだろう、JK
. |     (__人__)        
  |     ` ⌒´ノ        
.  |         }         
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     ピカピカ光ってるものがいいお。
  |    mj |ー’´      |
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 00:42:39.66 ID:4ViVCvRb0
携帯が容易で価値が高いもの?

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:44:56.02 ID:o7G9IsS40

                      , - ─- 、_
                /        `丶
                rー‐<::/ ン-―ー- 、   、 \            {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ            __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸          /,イ>/ .:::/,’:::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|    劣化しにくいというのは大事な性質ね。
          {/::| :!{.::ィ’f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、
            |::::ヽ::i:ヽi. r’_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>   もちろん、光っていることで、
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r’;ン´j::::::::: l: V     誰が見ても「価値がありそう」な
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/       外見をまとっているのも重要かもしれないけど……
            lN:ヽ:ヽ::’,:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}       >>192が凄く近いわ。
          f⌒ \ \ヽ  )’ \ニニ∧ | |!彡ヘ       ズバリ、次の性質よ。
          |    \ ヽム    ヽ‐’ .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ
         |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
         |   (>―‐’/ /勺ヽ¨ア    /    }
         |   \三三‐’ノ ^ヽ/   /-―一 ‘

   (1)どの一片をとってみても同じ均質な特徴をもっている
   (2)量で表現できる
   (3)分割や結合が容易なもの

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:47:54.50 ID:o7G9IsS40

                        -―――-
                  / : / / ̄ ̄`ヽ`ヽ、
                / : :_/. :/´「 ̄ ̄、`ヽ、 ヽ
                  /.:/ !: :/_/l: ! : : 、:ヽ : : :V ∧
                i::〈_人!: :l∧\ヽ: : :i : i : _: ト、: i   貨幣である以上、どんな価値量でも表現できないといけないわ。
.               l:://l/ !:::lf千 ミ、ヽ\!≦´V lく: :l   ポテチから自動車まで、何を買うときにでも
             lく/〈/´!::l ゞ-‘   弋冫j/l l〉 !   使えないといけないわけだから、 小さくちぎったり、
             l ::!:::ヽ、!::l   、_′   /:∧!: :!    たくさん集めて大きな量にしたり出来るほうが便利ね。
                !::l:::::::::∧ト、   ー ′/:/.:/ ハj   すると、金や銀というのは、非常に貨幣商品として適しているわけ。
.                Vヽ、:::::lヽ、丶、_ ィ/.::/.:/j/
    (\_       _>、:::!、|ヽ   ト、/イ/       必然的に、貨幣は金銀になるわけよ。
     > _`ヽ__   /ヽ   ヽ! \  _ヽ ̄ ヽ_    以降の議論を進める上で、断りがない場合は、
  rf壬‐_´__ノ Vヽ / ∧       ヽ´__`ヽ   ト、ヽ   貨幣は金を想定するわ。
       〈\  ノ ト、!// 丶       、__`i   l  }
      /ヽ ̄  ノ ∨    、     l   !   !/ ヽ、
        {   ̄    l   / \    l   l  ∧    \
.      \      l\ //   \  !  ! / !/    ヽ
        ヽ ̄       /ヽ、    ヽ、!  l / /  ̄   /

「金銀は生まれながらにして貨幣ではないが、貨幣は生まれながらにして金銀である」
  ――マルクス『経済学批判』

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:53:07.52 ID:o7G9IsS40

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\   ちょっと待つお。
  /    (__人__)   \  今、やる夫たちが使っているお金は、千円札だお。
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  金じゃないお!
  \    |ェェェェ|     /

                      , - ─- 、_
                /        `丶
                rー‐<::/ ン-―ー- 、   、 \            {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ            __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸          /,イ>/ .:::/,’:::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ   その話を今からするわ。資本論では三章の内容ね
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|
          {/::| :!{.::ィ’f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、
            |::::ヽ::i:ヽi. r’_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ> 
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r’;ン´j::::::::: l: V
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/
            lN:ヽ:ヽ::’,:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )’ \ニニ∧ | |!彡ヘ
          |    \ ヽム    ヽ‐’ .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ
         |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
         |   (>―‐’/ /勺ヽ¨ア    /    }
         |   \三三‐’ノ ^ヽ/   /-―一 ‘

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:55:09.67 ID:o7G9IsS40

それじゃあ、
ちょっとさっきの佐々木族がどうなっているかを見てみましょう。

佐々木さんの卓抜した政治力のおかげで、近隣の諸族を併合して、
部族は一個の国家にまで成長したわ。

            ___
      .      |佐々木|
       .      | ̄ ̄ ̄   ~神聖佐々木帝国~
           △
          △l |
     __△|_.田 |△_____
        |__|__門_|__|_____|____

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 00:57:53.82 ID:o7G9IsS40

部族レベルの時代と違って、商業取引の量は爆発的に増えたため、
だんだん金の量をいちいち量るのさえ手間になってきたわ。
そこで、名君である佐々木さんは提案した。

                _  -──-  .
              ‘ ´           `   、
           /             ヽ       \
            , ′           |         ヽ
        / ,             |\        ヘ
          / /      |        |  \.      i  ∧
.       ,′′        |     | |   \.__ |、 |  ∧    取引のときに、わざわざ金の重さを量るのは、面倒だろう。
       ′i.          |     | ,ム.‐ ¨ ̄ヽ | i !   i    一定量の金を固まりにして、重さを記した数字を刻み、
      i |       !     |/      N レ     l    それを目安に取引できるようにしよう。
      |  |    !,. ィ弋¨   l/′   ,x==k, Yヽ  |
      |  ∨   |, ヘ 、ヘ  \ /    fヘn__,ハ|’ | }   |    ついでに、僕の顔を刻んで、
      !  ∨  ‘ヘ.、ヘ.>=k`        ゞ- ‘ |   ∨  ∧    帝国の権威を近隣にアピールするぞ。
       ‘.  ヽ \ ヾi代、_,小.          |   |  ∧
         ∨  \___、__>ゝー’´   、     j  | l ト、ヘ
        ∨    ヽ. \      __.  ‘   / / / ∧|  `
.         i       ー\          /! ,ムイ./
.         |   |  \    ` 、ー-  .. _/  |/  ´
           l   ト、\__、ト—`ー─|       ヽ
.         | ∧トゝ  ̄         /      `  ._  _
        j/             /             `7 ンー- 、
                  ,ィ /             j , ′   ヘ
                ,. く.{               {/      ∧
                 /´   ‘,}         __.  -一1        ∧
             /    厶 -一   ‘ ´       |        ハ
               {     /        __.  -一 ´ :       |
               |     ,’´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                 |

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:00:00.07 ID:o7G9IsS40

   @
  @@ ←佐々木金貨

1佐々木金貨=金10g

帝国の強大な軍事力と経済力が後ろ盾になって、
佐々木金貨は領内にどんどん浸透していく。

やがて、人々は貨幣商品を金10gといわずに、
1佐々木と呼ぶようになっていったわ。

というのも、近隣の「らき☆すた共和国」から流入してきた、
ラキスタ金貨と佐々木金貨を区別する必要があったからね。

@ ◎ ←金貨という意味では同じだから、名称で区別する必要がある。

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:02:45.07 ID:o7G9IsS40

そんなある日、佐々木さんは領内の金貨が不足していることに気がつくの。

            _ -  ̄` ー
          /         \
         , ‘       ,、 、   ヽ
        / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
        ,’  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ‘,
          i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !    金山の採掘量をこれ以上増やすのは無理だな。
       ,’.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
       ! !  ヽ_’,    _ __  | f ‘ i i    仕方がない。
         { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,’
       トゝヽヘ_、-、_` t – イ /!ィハ/ソ     僕の権限で、国内の金貨を集め、
                  r z’   ,k-、         いったん鋳潰して、鉛を混ぜて改鋳しよう。
             _ ┬ ヘ   只  /`7-、
        / ‘, ’,  ヽ/  ヽ’  / / \     国庫も潤うし、いいことづくめだ。
          ! 、 ヽ 丶         / /  X!
       | !   ヽ ヽ    , ‘ , ‘   ‘ |
        |   !    \\ _//   , |
         |  l     \ /     ,’   |
        !  ヘ     Y     /   |
          |   }       \      !    !
          !   l     ヽ\   |   l

※このあたりのメカニズムは、経済学の小難しい本を読むよりも、
『狼と香辛料』を読むのがいいかもしれません。あれはいいものです。

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 01:06:15.27 ID:vsyo1Odq0
俺はこれ見てたからかなり話しについて来れてる
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1256333

一段落付いたらみんな見てみて

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 01:07:32.79 ID:4ViVCvRb0
>>222
長すぎw

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:07:08.55 ID:o7G9IsS40

本当なら、金の含有量が減少した段階で、一般的等価物としてあらわせる価値量は減少するはず。
でも、佐々木帝国の経済は大きくなっていたし、強大な軍事力を背景に「佐々木金貨を貨幣として使え」と命令したため、
今までどおり一般的等価物として流通し続ける……。

                _  -──-  .
              ‘ ´           `   、
           /             ヽ       \
            , ′           |         ヽ
        / ,             |\        ヘ
          / /      |        |  \.      i  ∧
.       ,′′        |     | |   \.__ |、 |  ∧    
       ′i.          |     | ,ム.‐ ¨ ̄ヽ | i !   i    よしよし。
      i |       !     |/      N レ     l    国内の通貨不足は解消されたみたいだな。
      |  |    !,. ィ弋¨   l/′   ,x==k, Yヽ  |
      |  ∨   |, ヘ 、ヘ  \ /    fヘn__,ハ|’ | }   |    市場が活気付いて、商人達も喜んでいるようだ。
      !  ∨  ‘ヘ.、ヘ.>=k`        ゞ- ‘ |   ∨  ∧
       ‘.  ヽ \ ヾi代、_,小.          |   |  ∧
         ∨  \___、__>ゝー’´   、     j  | l ト、ヘ
        ∨    ヽ. \      __.  ‘   / / / ∧|  `
.         i       ー\          /! ,ムイ./
.         |   |  \    ` 、ー-  .. _/  |/  ´
           l   ト、\__、ト—`ー─|       ヽ
.         | ∧トゝ  ̄         /      `  ._  _
        j/             /             `7 ンー- 、
                  ,ィ /             j , ′   ヘ
                ,. く.{               {/      ∧
                 /´   ‘,}         __.  -一1        ∧
             /    厶 -一   ‘ ´       |        ハ
               {     /        __.  -一 ´ :       |
               |     ,’´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                 |

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 01:07:56.99 ID:DuUYR5Qr0
>>224
ゴクリ…(AAry)

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:10:33.64 ID:o7G9IsS40

          , -=―=―- 、 _    
       〃⌒>’´  /    丶`ニ=‐’
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \  
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ                 ~長門の一口メモ~
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j    現在の歴史研究でも、このような説を裏付ける結果が出ています。
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{      たとえば、シャルルマーニュ時代に発行された銀貨が、
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ‘ /〈リヽ      200年後、金属の含有量は3%程度まで低下しましたが、
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\      実際には、発行された時代と変わらない価値量を
          リ朽\!`{7|::資::>ミ;>,      あらわす貨幣として流通していました。
          ノ \- 厶]:本:f }::/:/     金が貨幣として流通し、やがて硬貨になり、安定的に流通するうちに、
       r=<    V三|::論::| |/:/     人々のあいだで「硬貨は硬貨だ」という共同幻想が生まれるわけですね。
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /      徐々に劣化させていけば、誰も気づかないうちに、
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ     金貨はただの鉛同然になってしまうわけです。
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|
        lヽ  勹’´      // l !
        |∧ 〃     /Y_│’,
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ
           〉ヽ     /  ji |{i  !  ヽ

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 01:14:57.98 ID:RQmPF2qw0
>>229
それ、ただたんにインフレしただけだろwwww

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:20:17.07 ID:o7G9IsS40

>>233
        / : : ; : : /_..-───- ._: :\
.      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ    違う違う。
     /: : _/: :/: : 厶 ‘´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.’7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ‘,   シャルルマーニュ時代の貨幣1枚で買えたものが、
    /’ , ‘/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |  3%の含有量でしかない二百年後の貨幣でも、
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ’,: : | : : : : : |: : : レ’: : :|: |   同じく買えたってことよ。
    |:.7 /トr|: : : :∟」_|  \|\ : : : | x’´ハ: : : ;’ ハ
    |:.’ /: | r{ : : : |: ∧`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |   つまり、貨幣が劣化して数が増えたのと同じく、
    |:| |: :.| | |: : : :N ’Tに叮    ヾ hィ}r〈 { ‘j.ト’|   経済自体も成長して大きくなっていたから、
    |:ヽ: :.| |、|: : : :|   ゞ-‐’       ̄´l | | l’: :!   インフレにつながらなかったってわけ。
    l: : : └ : ヘ: : :|、         ‘   ノ } リ : |
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  ‘´   l: ,l:    江戸時代みたいに、急激に劣化させれば、|
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/   実体経済よりも貨幣の量が多くなって、インフレになるけどね。
  ,〈 ’, ’, ヽ: } | ヽ     / |    ィ ´|||’,
  / ’,. ‘, ’,  V  |          ム -‐ ´ } ||| |

つまり、

      「貨幣の必要量は経済の規模によって変わってくる」

                                     ってことよ!

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:14:32.03 ID:o7G9IsS40

こうして、金10gという実体が消え去り、
「1佐々木」という価値を図るための名称だけが残る。

現在の「円」や「ポンド」も、もともとは重さや硬貨の枚数を表す単位だったが、
現代では価値の名称以外の意味は残されていない。

            _ -  ̄` ー
          /         \
         , ‘       ,、 、   ヽ
        / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
        ,’  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ‘,    硬貨の材質よりも、僕の顔と数字が刻まれているということ、
          i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !    つまり国家の信用のほうが重要なのか……。
       ,’.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
       ! !  ヽ_’,    _ __  | f ‘ i i
         { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,’     ということは、僕の顔と数字を書いただけの紙でも、
       トゝヽヘ_、-、_` t – イ /!ィハ/ソ     貨幣として流通するんじゃないか……?
                  r z’   ,k-、
             _ ┬ ヘ   只  /`7-、
        / ‘, ’,  ヽ/  ヽ’  / / \
          ! 、 ヽ 丶         / /  X!
       | !   ヽ ヽ    , ‘ , ‘   ‘ |
        |   !    \\ _//   , |

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:16:11.12 ID:o7G9IsS40

            /   ,,,,,,——–,,,,,::.. \\    \
          / .:::::/  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヽ  \ヽ    ヽ
         ./ , .::::/ ,,,,::::::::::   ヽ   “\:::: ヽ o-,,,  .ヽ
         / ./:::::l .,,-::::l:    ……..\:::::::ヽヽ:::::  リヽ .ヽ,  ヽ
        ./ .l.:::::lr: …..ヽ..:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::lヽ:::::  l ヽ,ソ  .ヽ       この佐々木さんの予想は正しいわ。
       ./, .ハ  .l .l::::ト:::::::ト::::::::\::::::::::::l-ヽ::l\:::::  lノヽ\  .ヽ     時代が進んで、国家の政治力と経済力が増すと、
       l / /l ::::l:::ト:::l ヽ:ヽ\::::\-_;;;;;;;;==リ=,,ヽ::::: lン”ヽ ヽ  ヽ    価値を表す数字だけを書いた紙でも、
       .l/ ./ l .::::l::l\l-,ミ;;ヽ ”–ニ,,,=’iぅ。::::ハソ.l:::: .lん’ヽ ヽ::  l     貨幣として流通するようになる。
       .l ”’t .ヽ :::h.l ,,====,゙゙-      .し:::ンリ .l::::.. lゝ)リ>.ソ :::: l    これが、今回の冒頭で出てきた、
       .l ::::l”l’ト ::ヽ’l:l ぅ。:ハ        –“” .l::::: l ‘ン::::::: :::::: l    ただの紙切れが貨幣として流通する理由ね。
       l ::l l l\.::ヾ.゙ヾ-ク;;  ,         .l::::::l:::::::::::::::: ::l::: .l
       .l ::ll,,l .l:::::’トヽ,, ””   .,,,–”””’i    .l::::/i:::::::::::::::: ::l::: .l
        l ::l :ヽ!::::::::l:::::ヽ    ヽ,   .ノ    .イ::://:::::::::::/::: ::l:: .l
        .l :ヽ :::::l,::::::ヽ :ヽヽ ,,,   ゙゙ -”   //::イ/::::::: /:::::::ハ:: l
        .l :lヽ:::::ヽ::::::::::::\::::::””r–,,,,, ,,,-”’ // l/:::::: /l::::::/ l./
         ヽl ヽ:::::::ト :::::::::ヽヽ,::::::l::::,-l    ソ  l:::::: /./:::::/ l/
         丶 ヽ:::l \:::::::::::|”::::/ ン,,イ   ’  /::: / ゙゙゙゙—,,,,,,,
             \l  \;;;-l::::/-””   ,,,  ./ ヽl     / ,ン–,,
              r-rr””  .ソ/;:==-,,,,”’ ”’ン   .丶   / ./  /-,,,
             / l l    ./’,,,—-,,””’ン       ./ ./ /    l
            /| l .l   ./”,,—,,,,, ‘ン       / ./ /      l
           / | | |   ./     ./      / ././       l

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:24:35.40 ID:o7G9IsS40

                  _
           _  ,.r’ ´     ̄  `` 、
.        ,.r’ ´    ``ヽ:           ヽ      一章で見たように、ただの商品の一つにすぎなかった貨幣が、
      /      >’´   ``ヽ.        ヽ     一般的等価形態をとりつづけるうちに、
      /       /     />―――――- 、.、 ヽ   あたかも人間や商品の価値を決定する、
.    ,′    /      /´  _ -―――- 、jr 、 ヽ   神のように振舞い始める。
    l     ,.’ ムイ     ムィ´       ヽ  ヾヘ}  ’,    これが
    l    ,.ィォ      l´:|    !     ヽ  ヾ〉. !       「貨幣の物神性」
    l   く,イ升      l   ハ、  l`ヽ    },ィ  ト、  l              というやつね。
    l   / ,イ !:     Tヽl.、 ヽ |  ヽ、 ィ´ヽ、!.、〉 l
    ll  / ム、Y!.     ト、! ``弋ト、   イ汝}f`!ムト、 !   貨幣を交換のために使うのではなく、
    l! く,.イ ,r.、.}i      l くr’fc=.、      ー-=’.l ハ  l   貯蔵すること自体が目的になりはじめる。
    l!」|ゝ、込 l!     | 戈::ンj         l,イムjト、!
   ∠_ `ヽムへ、j      ト、_           `,./l. l ,’: }   そして、貨幣が人の心を買うことさえできるようになるのよ。
 /´    `ヽヽ:ヽ ヽ、!   ハl´  ヽ.       ,. ‘´/ !|/イ ノ   かわいいメイドさんをお金で雇って、
./      ヽ! ’,:{   ’、   ト、 t_」_      /,イ ノ / ,′    手篭めにしたりね……。
′      {  }:l    ヽ  |     ``ヽ_,.イ/`ケ∨./
     ヽ  l. ヾヽヽ  /ヽ  !_____」 ハハ イ ∨
.      \l  ヽ::、 }/  ヽヘ、___ ヽ  /. ト、l!   l
、       `、  ヽ/    }r- 、__ヾ/ / /. / /  l
.ヽ       ヽ  /    /       ∨ / ,.イ}/   !

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 01:25:40.91 ID:JyPwvj8t0
なるほど

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 01:26:59.31 ID:kIcEdu/L0
貨幣って素晴らしいな

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:28:05.48 ID:o7G9IsS40

          , -=―=―- 、 _    
       〃⌒>’´  /    丶`ニ=‐’
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \  
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ          ~長門の一口どころじゃないメモ~
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j     後に、ジンメルという社会学者は、『貨幣の哲学』の中で、
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{     
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ‘ /〈リヽ         ほとんどの欲望には限りがあるが、
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\          貨幣を蓄蔵する欲望には限りがない
          リ朽\!`{7|::資::>ミ;>,
          ノ \- 厶]:本:f }::/:/      ……というふうに述べました。
       r=<    V三|::論::| |/:/       言いえて妙ですね。
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /       資本主義は、他の社会ではありえない、
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ      「無限に終わらない欲望」を貨幣という形態で提供します。
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|
        lヽ  勹’´      // l !
        |∧ 〃     /Y_│’,
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ
           〉ヽ     /  ji |{i  !  ヽ

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 01:30:41.31 ID:XXi+nMID0
>>249他の社会

って社会主義とかってこと?

>>254
正確には、貨幣経済ですね。
ただし、蓄財の欲求が本当の意味で重要になるのは、資本主義社会であるともいえます。
……まあこれは、もうマルクスの思想を逸脱しますので、深くは掘り下げませんが……。

250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:29:32.90 ID:o7G9IsS40

さ、じゃあ、そろそろ、
実際の人々の活動を見てみましょう。

以前と同じように、やる夫は捕まえた魚をクマーに変えようとしているけど、
部族社会の頃と違って、今はもう貨幣と市場があるわ。

まず誰でもいいから、市場でお魚を欲しがっている人を見つけて、
お魚と貨幣を交換しましょう。

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\    さー、いらっしゃいだお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\   新鮮とれたてピチピチのお魚さんだお!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー’´     /

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:30:50.08 ID:o7G9IsS40

                _  -──-  .
              ‘ ´           `   、
           /             ヽ       \
            , ′           |         ヽ
        / ,             |\        ヘ      それじゃあ、お魚を二匹もらおうか。
          / /      |        |  \.      i  ∧
.       ,′′        |     | |   \.__ |、 |  ∧     払いは(佐々木)金貨で頼む
       ′i.          |     | ,ム.‐ ¨ ̄ヽ | i !   i
      i |       !     |/      N レ     l
      |  |    !,. ィ弋¨   l/′   ,x==k, Yヽ  |
      |  ∨   |, ヘ 、ヘ  \ /    fヘn__,ハ|’ | }   |
      !  ∨  ‘ヘ.、ヘ.>=k`        ゞ- ‘ |   ∨  ∧
       ‘.  ヽ \ ヾi代、_,小.          |   |  ∧
         ∨  \___、__>ゝー’´   、     j  | l ト、ヘ
        ∨    ヽ. \      __.  ‘   / / / ∧|  `
.         i       ー\          /! ,ムイ./
.         |   |  \    ` 、ー-  .. _/  |/  ´
           l   ト、\__、ト—`ー─|       ヽ

こうして、佐々木金貨を手に入れたら、今度はクマーを売りに来ている人のところに行きましょう。

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:32:55.74 ID:o7G9IsS40

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)        クマーはいらんかね!
. |     (__人__)         クマー肉は美味しいし、毛皮は暖かいだろ! 
  |     ` ⌒´ノ        
.  |         }          常識的に考えて!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

       ____
     /⌒  ⌒\
   /        \   クマーを一匹くれお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー’´     /   @ チャリーン

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:34:45.17 ID:o7G9IsS40

こうして、あっという間に取引が終了する。

貨幣って便利ね。
こういったかたちで、いろんな取引を行うことが出来るわ。

お魚 - 金貨 - クマー肉
茶葉 - 金貨 - バニースーツ
鉄鉱 - 金貨 - スモークチーズ
 ・      ・       ・
 ・      ・       ・
 ・      ・       ・

で、こういう取引を一般化すると、
W-G-Wというふうにあらわすことができるの。

       ____
     /      \
   / ─    ─ \    これはなんだお? >W-G-W
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 01:36:13.21 ID:RQmPF2qw0
>>260
わー素ゴールドわー素?

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 01:36:21.54 ID:DuUYR5Qr0
>>260
ワロスwwwww ギガ、ワロスwwwww

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:36:03.28 ID:o7G9IsS40

   /     /:/  /   │ |   \ヽ   ヽ 丶 \
i  ,′    |/  /      !  j     ! !    !  ‘,  ヽ
i. |     |  /     ,′ ハ   | |ヽ/´ !   !  !ハ
ヽ |     l  l     / / │  i| l ハ j  |  | リ
 N    ┼‐|ー─ -/t /- 、|   j| / { _jzム ∧ │
/ |     ‘, l    / 〃  _ lヽ / j/ ,イ仏}// } ∧     Gは貨幣、Wは商品。
\_|     ヽ { /,ィ≠テ女、j/    V_;;| {  j / ハ     つまり、商品-貨幣-商品ってことね。
丁∧.       ∨ 〃{か;;;;小       ちj_ ! イl
│|仏     ハ ヾハ圦_:::jハ       `ァ  ’,  ト、 l
│|/∧     ヽ  ヽ^)::ン‐          }i |ハ !
│|.厂 ヽ      \  `´        __ ノ   厶 リ  ‘, |
└‐ゝ. ーヽ    ヽ \        ` ̄     /  /  l |
 ヽ、 `’ー‐\    \ \             /  /    l.|
   \   `\   \ \         /  /     リ
ヘ    ` ー- 、 \   ’ ー=>ーx‐‐ァ¬′ ,′
 \       ヽ `ミ=- …__Xテ‐ゝ_{__八 {
   {\      `ヽ ヽ-‐‐” ̄ ̄´___`>〈
\ ヽ `ヽ、_     }\ }     /    ̄ ヽ
  \ ヽ   `ヽ  ,ノ  リ   /        \

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:40:45.78 ID:o7G9IsS40

          , -=―=―- 、 _    
       〃⌒>’´  /    丶`ニ=‐’
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \  
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ          ~長門の一口どころじゃないメモ~
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j     Gは貨幣Geld、Wは商品Warenの略称。
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{     
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ‘ /〈リヽ      W-G-Wはヴェーゲーヴェーと読みます。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\       
          リ朽\!`{7|::資::>ミ;>,      これは非常に重要な図式なので、
          ノ \- 厶]:本:f }::/:/      資本論の勉強会では、
       r=<    V三|::論::| |/:/       ヴェーゲーヴェーゲーヴェーゲーと、
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、       呪文のように連呼されることになります。
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /       
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ     
       `、   ヽ \.>j    ハ│      ちなみに余談ですが、最近のマル経の教科書では、
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|       C-M-Cとなっていることも多いみたいですね。
        lヽ  勹’´      // l !      CommodityとMonneyなのでしょうが、
        |∧ 〃     /Y_│’,      そこまで英語になると、なんだかちょっと悲しいです。
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ
           〉ヽ     /  ji |{i  !  ヽ

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:43:18.80 ID:o7G9IsS40

                      , - ─- 、_
                /        `丶
                rー‐<::/ ン-―ー- 、   、 \            {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ            __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸          /,イ>/ .:::/,’:::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|
          {/::| :!{.::ィ’f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、    そして、W-G-Wのなかの、
            |::::ヽ::i:ヽi. r’_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>    W-G、つまり商品から貨幣への変態は、
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r’;ン´j::::::::: l: V
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/         「命がけの飛躍(サルト・モルターレ)」
            lN:ヽ:ヽ::’,:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨        と言うの。
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )’ \ニニ∧ | |!彡ヘ
          |    \ ヽム    ヽ‐’ .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ
         |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
         |   (>―‐’/ /勺ヽ¨ア    /    }
         |   \三三‐’ノ ^ヽ/   /-―一 ‘

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:46:50.90 ID:o7G9IsS40

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)        商品がジャンプするのか?
. |     (__人__)         ていうか、命がないのに、命って?
  |     ` ⌒´ノ        
.  |         }         
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

                      ,. ―‐- 、
                   /´`       ヽ、
                      ,’        、} ト.
.    rr、                ,’    ’   ,.イ゙V }
  ,イ川、             ,’ .!  ,’ .i  〈_,イ「l/        フ ヽヽ         /
  |  !」_          / ,’::! .!,’: ::! .:.:| ハ〉|     / J ヽ     ̄ ̄ ̄   Λ_丿
  l  //```ヽ、       l:i::!::! :::l:::l :::l ::::,`:!:i::|
  `ーl_{     ``丶、__ _从{::|:::::l::,’:::::| ::::,’:::’l::l::!                 ,.┐
     \_          `/ Λ!::/:ノ!::/!::ノ::/ノノノ                 /フ  
       `¨` ー- 、_   / /  ´ ´ ”´ ‘´7´/´ ̄`¨¨`¬……――””´`>ーァ’´,イ__
             \! ..___    / /               / /  ’´,.-┘
                 …___   ̄´ /     ___ ___      {___j–‐’´     
              |      ̄ ̄´ ´厂 ̄´        ̄`¨¨´
                /         ノ’´   ものの例えよ。
                }___、      |     商品から貨幣への変態は当然、失敗することもあるわ。
            /     ``¬―v‐’
            /        ,.   | 

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 01:47:32.59 ID:hUKq0crZ0
なるほど。
リスクが高いからな。

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:49:00.33 ID:o7G9IsS40

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\    今日はお魚がたくさん売れ残ったお。
  /    (__人__)   \   ……明日になったら、腐って売り物にならないお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

            /   ,,,,,,——–,,,,,::.. \\    \
          / .:::::/  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヽ  \ヽ    ヽ
         ./ , .::::/ ,,,,::::::::::   ヽ   “\:::: ヽ o-,,,  .ヽ
         / ./:::::l .,,-::::l:    ……..\:::::::ヽヽ:::::  リヽ .ヽ,  ヽ
        ./ .l.:::::lr: …..ヽ..:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::lヽ:::::  l ヽ,ソ  .ヽ
       ./, .ハ  .l .l::::ト:::::::ト::::::::\::::::::::::l-ヽ::l\:::::  lノヽ\  .ヽ     こうなると、売れ残った魚は、
       l / /l ::::l:::ト:::l ヽ:ヽ\::::\-_;;;;;;;;==リ=,,ヽ::::: lン”ヽ ヽ  ヽ    価値を体現することなく消滅してしまうわ。
       .l/ ./ l .::::l::l\l-,ミ;;ヽ ”–ニ,,,=’iぅ。::::ハソ.l:::: .lん’ヽ ヽ::  l
       .l ”’t .ヽ :::h.l ,,====,゙゙-      .し:::ンリ .l::::.. lゝ)リ>.ソ :::: l    つまり、命がけの飛躍に失敗して、
       .l ::::l”l’ト ::ヽ’l:l ぅ。:ハ        –“” .l::::: l ‘ン::::::: :::::: l     商品は死んでしまうのよ。
       l ::l l l\.::ヾ.゙ヾ-ク;;  ,         .l::::::l:::::::::::::::: ::l::: .l     当たり前のことだけど、
       .l ::ll,,l .l:::::’トヽ,, ””   .,,,–”””’i    .l::::/i:::::::::::::::: ::l::: .l     商品が思ったとおりの値段で
        l ::l :ヽ!::::::::l:::::ヽ    ヽ,   .ノ    .イ::://:::::::::::/::: ::l:: .l     いつでも売れるとは限らないわけ。
        .l :ヽ :::::l,::::::ヽ :ヽヽ ,,,   ゙゙ -”   //::イ/::::::: /:::::::ハ:: l
        .l :lヽ:::::ヽ::::::::::::\::::::””r–,,,,, ,,,-”’ // l/:::::: /l::::::/ l./
         ヽl ヽ:::::::ト :::::::::ヽヽ,::::::l::::,-l    ソ  l:::::: /./:::::/ l/
         丶 ヽ:::l \:::::::::::|”::::/ ン,,イ   ’  /::: / ゙゙゙゙—,,,,,,,
             \l  \;;;-l::::/-””   ,,,  ./ ヽl     / ,ン–,,
              r-rr””  .ソ/;:==-,,,,”’ ”’ン   .丶   / ./  /-,,,
             / l l    ./’,,,—-,,””’ン       ./ ./ /    l
            /| l .l   ./”,,—,,,,, ‘ン       / ./ /      l
           / | | |   ./     ./      / ././       l

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:51:00.74 ID:o7G9IsS40

                        -―――-
                  / : / / ̄ ̄`ヽ`ヽ、
                / : :_/. :/´「 ̄ ̄、`ヽ、 ヽ
                  /.:/ !: :/_/l: ! : : 、:ヽ : : :V ∧
                i::〈_人!: :l∧\ヽ: : :i : i : _: ト、: i    W-G-Wの過程は、資本主義社会では購買者と販売者が
.               l:://l/ !:::lf千 ミ、ヽ\!≦´V lく: :l    まったく別で、無計画に行われているから、
             lく/〈/´!::l ゞ-‘   弋冫j/l l〉 !    なにかの弾みで、購買者と販売者の双方の意図が
             l ::!:::ヽ、!::l   、_′   /:∧!: :!    大きく食い違い、 一度にたくさんの商品が
                !::l:::::::::∧ト、   ー ′/:/.:/ ハj     命がけの飛躍に失敗することがあるわ。
.                Vヽ、:::::lヽ、丶、_ ィ/.::/.:/j/      すると、どうなるかわかる?
    (\_       _>、:::!、|ヽ   ト、/イ/
     > _`ヽ__   /ヽ   ヽ! \  _ヽ ̄ ヽ_
  rf壬‐_´__ノ Vヽ / ∧       ヽ´__`ヽ   ト、ヽ
       〈\  ノ ト、!// 丶       、__`i   l  }
      /ヽ ̄  ノ ∨    、     l   !   !/ ヽ、
        {   ̄    l   / \    l   l  ∧    \
.      \      l\ //   \  !  ! / !/    ヽ
        ヽ ̄       /ヽ、    ヽ、!  l / /  ̄  

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 01:53:12.78 ID:RQmPF2qw0
>>282
金の価値が上がるだろ、、、、

金が発行されまくる。

物の価値は結局元どうりで市場の金の量が増える。

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 01:54:39.45 ID:XXi+nMID0
>>282
ハイパーインフレ?

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 01:54:51.92 ID:WFASnpsk0
>>282
オプーナが7000円の価値を見込んだとして3000円で店頭に並ぶような感じ?

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 01:53:24.15 ID:DuUYR5Qr0
>>282
great depression!!!

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 01:57:07.18 ID:o7G9IsS40

>>288
               /    //  /‐───- 、   \
              /r‐─‐ァーf/    /-────-、 \\ ヽ
               / ∨三/’¨7   /   / /      \厶 ハ ’,
.              /  \/__,/   /  ,イ l  |       il V∧ハ    That’s Right!
            /  _//〉‐/    /\/ |i |l | 丶    i|  l ト、 ‘,    そのとおりよ。
             ,′ f⌒∨ /    /ハ {\! |l !{   \  i|  | トく l
            / ハ.  V    /ィfテミ、 ヽ八 ヽ    ヽ_|  l |/ |    大恐慌!
             l l 〈_∧   ‘,   ハ{_f::j:リヾ    ヽ∧>七 j  ! |_  |    資本主義を揺るがす鉄槌!
             | l   _ム _ ゝへ| V;之_        _ ヽハ ,’ /  | \|
             | l  >’´     ヽ           ィ≡气 / /  l\/!    販売者と購買者が無計画に取引する、
             | l  |   -ー―一ヘ   , 、__  ヽ    〃:/|   ∧ |    資本主義体制の宿痾がやってくるわ!
          j八 |       __}  {  `ア    ,ムイ /  ,イ__j│
         ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー’  ,. イl│ Ⅳ  / | jlリ
        /  /  ハ   _,  –‐〈. >‐r<  /l│ 〃  / j /
          // /   | ハ     , イ1  /   ヽ./ ∧/   / /’
.        〆 /    い \ -<  }}/ ̄ ̄`ヽ>ーイ 、 /
      〈  /     ∨ 代\   ハ、 , -―‐- 丶 //丁fヽ
      ∧/       ∨   `三彡’ \    __ ∨´  |│ l
      l |        \==彳│  \/  ` |   |│ l
      l |          `ー‐ ´ |    \    l|   |│ l

292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 01:55:19.48 ID:TcjxrUoE0
で、簡単に言うと、売れ残りは政府が買えばすべて解決、って言ったのがケインズ

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 02:00:52.17 ID:o7G9IsS40

          , -=―=―- 、 _    
       〃⌒>’´  /    丶`ニ=‐’
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \  
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j          ~長門のおしゃべりメモ~
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{    マルクスの理論は時に「恐慌論」であるといわれるぐらい、
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ‘ /〈リヽ    恐慌の分析に重点が置かれています。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|::資::>ミ;>,    周期的な恐慌がどんどんひどくなり、
          ノ \- 厶]:本:f }::/:/    それが頂点に達したとき、資本主義は崩壊すると考えられました。
       r=<    V三|::論::| |/:/
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、     >>292がすでに次の内容を話してしまったのですが……
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /     というか、vipperは頭がいいですね。
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ     びっくりしました。
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|     大恐慌に関して、後の経済学者たちはさまざまな議論を
        lヽ  勹’´      // l !     交わしましたが、特に重要なのは、彼です。
        |∧ 〃     /Y_│’,
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ
           〉ヽ     /  ji |{i  !  ヽ

305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 02:04:12.34 ID:TcjxrUoE0
ケインズはネタばれだったか、すいません

306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 02:04:43.01 ID:o7G9IsS40

カール・マルクスが死んだ年に、二人の経済学者がこの世に生を受けた。
ジョン・メイナード・ケインズとジョセフ・シュンペーターである。

彼らは、その生涯を恐慌の分析とその解決に捧げたが、
特にケインズは、次のような言葉を残している。

             _,,,....…,,,_
         _,.-ッ≦―:::::::::::::::::::::::::::`:ー、
      ,..r::´:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
     ,.r:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ
    ,イ:::::::::::{少‐”´ ̄`^<::::::::ヽ:::::::::::::::!:::::::::::’,
  ,イ::::::::::::/^        \:、:::ヘ:::::、:::::i:::::::::ヘ:’,
  r:::/:::://           1:!、::::i:::::}::::::!:::::::::::!::,
  l:::i::::::i::i         , – ¨了ヘ:::ト、::i::::::i:::::::::::i:ハ 
  i::!::::::ヘ:!__     /   ソ  !ツ i::|:::::::}:::::::::::}:::!      このままでは恐慌と貨幣的混乱のために
  t:从::::iヾ_  `゙       ,.ィf斤本ヾ}:;!:::::::i=ェ;::::::i:::i       資本主義は崩壊してしまうっさ!
  f !::::ハ  x=ェ.      t弋り!}”|::!:::::::::ト、 }::::::!:::!
   ! ヾ_:::ヽ《ft爪!      ちエン 1j:::::::::tイソ:i::::i:::::i
      `iムヾムイ          リ:::::::::::|´:::::|::::!::::i
      |::::ハ  ̄ ’  _,. -へ,   f;:::::::::::::!::::::::|::::i:::::!
      f:::::::::ゝ   t __¨ン   |i::::::::::i::|:::::::::!::::i:::::}
      i:::::::::::↑-、_       ,.イ::::::::::j::!:::::::::|:::::|:::::i
     j::::::::::::::|::::i:::|i`::ー.、._,,. -´ f:::::::::::リ:iト、::::::;!:::::|:::::|
     ,{:::::::::::i:::|:::::|::!’;::::::::_;:r^!  ,!:::::::::::;’::j: : ヽ:!:::::::l:::::|
     f:::::::::::j::::|:::::!_;>-´: :_:,.r| ,f::::::::::::;’:::,’: : : : :`-、|:::::|
    i::::::::::::;’:::::|/: : : : ;/ー- /::::::::::::;’i:::i’: : : : : :,.ィΞ>-、._
    !:::::::::::i::::::{: : : : : r'” ̄ ソ:::::::::::イ:!:::!: : : : ;イ三シ´: :,:-‐、
    f:::::::::::i|:::::::!: : : : :i二二ソ:::::::::::;”j:::/: : :,イΞ”: : ;ィ´  ヽ、
    !:::::::::::f|:::::;’: : : : :f  /::::::::::::/:/::/: : ;イ三”: ;イ´      }

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 02:06:23.78 ID:o7G9IsS40

         , -‐ ´ ̄   ̄ ̄`ヽ、
.       /             丶
        / /     _
.       / / /.// ” ̄ `ヾ、 ヽ     ’,     でも、資本主義が崩壊してしまったら、
     / / ,’ 〃       ヽハ     l     
     Vl  l _斗’´     `ヽ、l从│    l       スモチが食べられないにょろ
       |  ! /リ        j N | 、   l   
      ヽ小l ●     ●  イ l| }   |  
.         lハl⊃       ⊂⊃| |ノ    |  
.         | 人   r_,、_y     | |    l |
          j|  >’う  __, r<l ││ ││
       / | レ’  /:::_j_  / / ,/、│   l |
.      / ,リ /   ∧f三ミ/  / //l j   | │
.      ,’ / l/  〃!l|`¨7 /ル/  V   | │
     l./ |{ヘ_ノト、|:l|M/// /    l_  | |

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 02:09:23.08 ID:o7G9IsS40

         /:::::::::::;:::::::::::::/          ヽ;:::::i::::::::::::::;::.ヽ;:::::::::::.\
        /:;イ::;::::::/:::::,イ::/           l::::|l::::l::::::::i:::::::l::::.ヽ::::::.ヽ
        // レ’::::/i:::::/-H,_           .l:::l.|:::ト;:::::::|:::::::l:::::::l:::::::::l
       .i:l  |::::i゙ l::::l  |;!. ヽ、          .l:| .|::| lヽ::::l:::::::l:::::::|::::::::l  だから、あたしは資本主義をめがっさ応援するよ!
       |!  .|:::l l:::|  _        ,,;=‐‐””|!‐l:;l、 |:::i:::ト;::::::l::::::l:::::::::|  まずは恐慌を防ぐために、
          .|:! .〉;! /゙b:::゙ヾ.ヽ           |;!. `|:::|/:.ヽ:::|::::::|:::::::::l  政府が介入できるような仕組みを作らないとっ。
          l!./::/l ゙ ,!::ill::;!゙’      ” ,,ィ-==-、_  l:::::::::::.ヽ!:::::l::::::::::l
          /ノ::::| わ!ッリ         ゙/O:;;;;:::::;iヾ l:::::::::::::l:::::::l:::::::::::|   経済学者は「長期的に」って言葉が好きだけどっ!
        ,,ィ´;::::::::l  ゙’=-”゙           l:::j:illii:;i::j゙. ‘ .l:::::::::::::l:::::::|::::::::::::ト  長期的にはあたし達はみんな死んでしまうのさっ!
ヽ、__,,,ィ”´::;;ィ゙:::::::::{       、     ,;iつ、;;;ツノ   .l:::::/::::::|::::::l::::::::::::::l:ヽ
::::::;;==”’゙_;;:”.:::::::::::::::;;:ゝ.    r.x.__  __,  `゙”ー=”゙    l::::l|:::::::l::::::|:::::::::::::::::i:::.ヽ  恐慌を見ていることしかしないなら、
二;;;;;;;ェ=”.:::::::::::::::/.:::::::.ヽ   l/    Y           ,イ:::l.|:::::::|:::::::l:::::::::::::::::::i:::::::.\ 経済学者の仕事って無意味じゃないかい?
_,,ィ’´.::::::::::::::,,:::”.:::::::::::::::/ \  ゝ   ,ノ       ,/::i::::l |:i|:::l:::::::::l::::::::::::::::::::l::::::::::..゙ー-,,,
::::::::::::::::;;::=:”:::;;;:=-”’´`’゙  ./:;ヽ.  ̄     ,, =”'”,ノ::;;:l::::| |:|,!:l、:::::::::l:::::::::::::::::::.ヾ、:::::::::::::;;;`二==、
ラ”’:::::_;;r”’ ̄    .|  /, ‘,.’.:::::`ー–r ”’ ´  ,,=”’´;:: ,”|:::|. |:l::|:|ヽ;:::::.ヽ;::::::::::::::::::::.ヽ`ー-ェ、..
:::_;;=”::::l  l     { .i,/, ‘,ィ’.::::::::::::;;ァ”´.!  ,,=”´.:; ” ,..:”;ィ|:::| .|:|. l:l. ヽ;:::::.ヽ;::::::::::::::::::::::.\::::::::.ヽ、_
”:::::::::::;;| 、 l    ∨//:::::::::;;r<ヽ  ./.:::::://::/ .|::::| .|:l l:l  ヽ;::::::ヽ;::::::::::::::::::::::::..ヽ::::::::::::::ヽ
:::;;:-:”::::l  ヾ、._  .i゙/./::::::;r’´-.、 `”x”´.:::::://:/  /|:::::| .|:l |:l  ヽ::::::::.\::::::::::::::::::::::..ヽ::::::::::::::
“:::::::::::::}    `”i’-|:i l::::::/゙⌒ヽ`r’´.:::::::/./::/   / l::::::| .|:l |:l   \::::::::.\::::::::::::::::::::..ヽ::::::::::

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 02:14:31.18 ID:o7G9IsS40

マルクスの指摘した恐慌という資本主義の運命は、
百年の時を経て、
ケインズ、シュンペーター、ハイエクやスラッファといった、
新時代の経済学へと、戦いの場を移していったである……

                _,.、-‐―――- 、__
            ,ィ´:.,.ィ’´ ̄``:.:ー-、\`丶、
           /: ://: ‘”´ ̄: : :\ヽ:}>、:.\
.         ,r‐fーマ,イ : /:/ ̄ ̄ ̄``丶 :.:\:.:\
        く―‐-、__〉/:/-――――- 、 \:、\: ヽ
     ,.ィ”7ミ_,斗<,イ:.:./: : :./: :,.ィ'”´: : } :\ ヘヽ:ヽ:.ヘ
    /  /:.く. //:.:.:./: \’: :/: : : : :./: :,’!: \ハ:ヘ:. :ハ
.   /|   /:.:.ハムイ: : :/:./!: X: : : :._,イ:.:/ / | : |: ヽ!:.:!-‐┴-、
  ムj _,厶://{ ,’:.:. :i,ィfテッ、-ヘr””/:./,イ 」_;ム:.:.リ:.:ト、ー-、 {      徐々に資本主義の謎が見えてきたわね!
  「 ̄、-‐<:.:./∨:.:.:.:.|`|ハ::::},ハ -‐””´/ィ'”´!:/!: :/:.:.:!:|、\ーリ      これで商品交換と貨幣の仕組みについては終わりよ!
  レ’´ ,’:.ハ:.:.:/:.:.:|:.:. : :|ヽ’=ソ        /刋ミハ/:./: : :,’:.| |  K、
    i/ |: :|:.:.:.:| : : : i         {krjノ ‘”,イ : : /!:.| レ’ト \     これで分析の枠組みは全部そろったわ。
    |!  !: :ハ:.:.ハ : : :ハ   /ヽ、 _’_   `”´ / : :./|: :.|.〈:.:.i    ヽ
       /∨::,ヘ: :|、: : : iヘ. {::::::::::ノ     ,イ_,.イ:/| : |ヘ∨     !ヘ   次章ではいよいよ金持ち連中がどうやって金を
.      / i::./ ∧:| ヘ : ハ \`ニ´-‐ '”´-―‐-、:./|: ,’/\    | ∧  得ているか、その秘密を暴露しちゃうわよ!
    ,イ   |::i ,’::.ヽ! ∧:.|、_  / ̄`Y´  \ ∧_/i/    ヽ  ム-‐’
  /   |::|.! : :: :: 厶ハ|.::`Y´   / ̄`ヽ ヽ  } /      i\ 
 〃  ヽ |::||:: :: ::.::レ、__``/  /       ヘ`ヽ.ノ:|       |/~
〈 \    |:∥: :: :: | :: ::`7   {__       ハ_/::.::|_
. {   `’ー-、ハ ハ :: :: ::! :: ::/   /``ヽ\   | }-┤:: \
 ∨ \.  V.∧:: :: ,>'”ヽ_/   |:: ハ   !,イ └‐ー-ヽ
  ∨  ヽ   ハ.∧::/__  /    ∠ `ュ::| 〃
  ∨  >―\ {__ ``く   /     〈/ | `>
.   ∨ { :: ::r==t\` ー”tイ _,.、r’フ }__//ム
    `”ーヘ::く〉ー―v\∠`ヽ、__,.、-‐'”  /:: ::ヽ                                       第四章につづく

328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 02:17:36.41 ID:o7G9IsS40

          , -=―=―- 、 _    
       〃⌒>’´  /    丶`ニ=‐’
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \  
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j 
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{             ☆次回予告
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ‘ /〈リヽ
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\    次章ではいよいよ、この本の主役とも言える、
          リ朽\!`{7|::資::>ミ;>,
          ノ \- 厶]:本:f }::/:/              「資本」
       r=<    V三|::論::| |/:/
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、    ……が登場します。
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ    さらに、『狼と香辛料』のホロも登場予定。
       `、   ヽ \.>j    ハ│    次回も資本主義とマルクス主義の
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|    ツッコミ所を探していきましょう!
        lヽ  勹’´      // l !
        |∧ 〃     /Y_│’,
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ
           〉ヽ     /  ji |{i  !  ヽ

329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 02:18:52.88 ID:5V+UTGYo0
今日はこれで終わり?

330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 02:19:17.40 ID:o7G9IsS40

      ~最後の質問ターイム~

                            ,,,iiiiiiiii,,,、
                          ,lllllllllllllllllllii,,
                          ,l゙lllllllllllllllllllllllii,,
   .liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii  .liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii   ゙,,llllllllllllllllllllll!!!丶
   .lllllllllllllllllllllllllll  .lllllllllllllllllllllllllll  ’!llll゙llllllllll!°
   .lllllllllllllllllllllllllll  .lllllllllllllllllllllllllll   .lllllllllllllll
   .lllllllllllllllllllllllllll,,,,,,,,lllllllllllllllllllllllllll|  ,,,iillllllllllllll,、
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|  ゙!!lllllllllllllllllli、
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   .’lllll!゙lllll′
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   .,llll”.゙llll
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   ,llllli、 lllli、
   .lllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!llllllllllllllllllllllllll   .’lllll′llllli
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|   .lllll  .’!lll
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|   .llll   ゙lll
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|  ,llllli,、 .,,illii、

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 02:19:45.46 ID:606WhjkB0
佐藤雅彦と竹中平蔵の
経済ってそういうことだったのか会議

って本が素人にはおすすめかも。
俺も読んでるとこだけど。

一万円札をおまいらが大事にするのは日本銀行券だから。
日本人は日本銀行を信用してるから買い物の際に受け取ってくれる

けど海外の人からみて日本銀行は大丈夫かはわかんね。国際通貨にはならねーよwwwwwwww

ってなかんじ

>>331
インフレにならずに、みんながタンスに預金する=価値保存手段として認められているというだけでも、
奇跡に近いぐらいの信用力があると思います。
マルクスは価値保存手段として使われる貨幣を「貨幣の中の貨幣」と呼んでいるぐらいですから。
これに関してはハイエクもケインズも同意するところでしょう。

ちなみに、第三章では信用取引や国際通貨に関する内容も含まれていたのですが、
本筋には関係ないような気がしたので、ばっさりカットしました。

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 02:21:10.81 ID:GepBXplIO

おつです
いつかケインズについても教えて下さい
岩波の一般理論買ってから積んだままだorz

>>334
翻訳の間宮先生には直接授業を受けたことがあります。
塩野谷訳の悪口を延々とおっしゃってました。

一般理論は資本論と並ぶ難書です。専門にしないのなら、IS-LMで我慢すべきかもしれません。
サミュエルソンはこう言っています。

                .. ≧ー‐: : : : : :/ : : : : : : : : : : : :>、
           イ: : : : : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : \
.         /: : : / : : : : : : : :/: │: : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: , -/ : : : : /: : : :/ : : ,|: :|: : : : : :| : : : : ヽ : : : : : :ヽ       『一般理論』は、表現は難解であり、
      /: //: : :/: : :/: : : ,イ: : :/ |: :|: : : : : :| : : : : : :’, : : : : |_ __      何を言いたいのかもわかりづらいし、
    /: / .’: : : :/ : : /.: : :/ |: : イ |: :|’, : : : : | : : : : : : ‘,ニ/⌒ヽ.:.:>、    無意味な議論であふれている。
.   //  /: : : :/: : : .’: \/ |: /:|  ‘,: ‘,ヽ: : : :|’, : : : : : : ‘,/ ̄.:ヽ}___.:.:.:.\   
  /    /: : : :/|: : : :|: : :/\.|/ |   v ‘, \斗―: : : : : :|.:.:.:.:.:.:.\:ヽ.:.:.:.:|   はっきり言って、
      |: : : /.:.|: : : :|: :f≧x、ヽ |   ヽ{ /ヽ| ’, : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:.:|   経済学を学ぶ学生の教科書には不向きである。
      |: : ∧.:.|: : : :|: :|! {rイ心  、__ /x≦云示ア/⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.| :|.:.:.:.:|
      |: :/ ヽ!: : : :!:ハ Ⅵ::::j}    〃frイ:::::::::/’      }.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:/    要するにこれは、
      |:/    V: : :|{: :ハ ヽzソ        vトーイ/      /.:.:.:.:.:.:.:.:| :|ー ‘    天才の著作なのだ。
      |{r=≠ニヘ : ∧/ {.:.:.:.:.  、     ヽzxV     /____ :|
        }    |V : : :个 、   f⌒ヽ  .:.:.:.{      ′: : : :/ : : : |
        { \ー‐|: : : : : |: / >- 、___ノ__ … -‘,    {: : : :/: : : : │
        |  `ー|: : : : : |/ :| | |  ヽ x– 、/ }    |: /:}: : : : : : |
       ヽ.ヽ、 ヘ : : : :∧/| | . >ー{   ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ. |: : : : : :│
         {ヽ.__ム: : : {-ヘ ー ‘ {.:.:.:.:.:.>、   {       ’,ヽ: : : : : |
        ヽ.ー―ヘ: : :|-/ヽ   〉ーく /ヽ  ヽ/⌒    | ’,: : : : |
         }ー―ヘ : |/ ,/ /.:.:.:.:.:| {: : :}  {        }ヽ.} : : : |

……どう見てもツンデレですね(細部間違いがあるかも)。

337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 02:22:25.30 ID:5V+UTGYo0
マルクスの大恐慌の定義ってどういうのだったの?売れないから大恐慌ってのがいまいちわからないんですけれど

>>337
要するに、
資本主義の自由市場は、販売者(供給側)と購入者(需要側)がばらばらに行動するため、
販売者が作りすぎたりして、購入者の意図と大きく違うことをしてしまうことがあるわけです。

これはある意味で、ケインズの有効需要原理を先取りしたものともいえます。
まあ、過剰供給・過少需要の理論は、すでにシスモンディが述べていますが……。

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 02:22:48.51 ID:nF45wmmE0
今後も佐々木さん出てくる?

>>338
筆の赴くままに書いているのでわかりませんが、
「政府」「権力者」の例として佐々木さんを使う可能性があると思います。

適当にAAを引っ張ってきたのですが、
使ってるうちに可愛くなってきたので、出番を作ってあげたいところです。

345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 02:27:09.37 ID:RQmPF2qw0
酒ダルを真ん中において、二人の人(A,B)がいる、
AがBに千円払い、酒を飲む。
次に
BがAに千円払い、酒を飲む。
これを繰り返すと酒がただなくなっていくだけ。でも金は動く。

これを養老名誉教授は経済の例として、バカの壁にだしてたけど、よく分からない。教えてくれ

>>345
要するに、物を交換する=流通過程では富は生まれないってことですね。

後で詳しく述べますが、
純粋な価値の増大、すなわち剰余価値といったものは、
労働によってしか生まれません。

まあ、それを花見酒の経済と結びつけるのが正しいかどうかわかりませんが。

353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 02:32:12.76 ID:qKC87gkPO
マルクスの中では貨幣とは簡単に言えば労働の対価で、携帯しやすく、価値を保存できかつ交換できたりするフレキシブルな点から普及した商品の一つである
これはあってる?
労働=商品
商品=金
金=商品
商品=労働
だよね?

自分は貨幣の流通はそれだけではそこまで広がらないと思うんだ。日本だって小判から始まって兌換券になったりしていまの貨幣になった訳じゃん
つまり貨幣に対する信頼が無ければいくら王がどう言おうと信頼出来ずに個人でやる奴が増えて経済は発展しなくね?
それが正しいなら信頼に対して言及しないマルクスって成立しなくね?

今の人間ならまだしもいきなり顔の入った金渡されて明日からこれ使えよって言われても素直に従えないだろ

>>353
大丈夫です。信用についても書いてあります。

ただ、ここで貨幣を流通させるときの信用というのを、
マルクスの議論から発展させて勝手に補完すると、
軍事力と立法権を握る国家は、絶大な信用を持っているわけです。

(1)税金をとることができる
(2)債務の白紙化を宣告できる
(3)警察権を使用して、財産を没収できる

土地に密着した権力がこれらを使えば、
貨幣を流通させるのに十分な「信用」を生み出すことが出来ます。

マルクスの貨幣論は「商品貨幣説」と呼ばれ、
商品から徐々に貨幣形態を獲得していったと考える説ですが、
さらにラディカルなものとしては、「貨幣国定説」というものも存在します。

368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 02:41:14.91 ID:5V+UTGYo0
塩野谷訳の悪口をkwskw(間宮訳はいずれ買おうと思っていますけれど)

>>368
いろいろ言ってましたが、
なんかブログに保存されているみたいなので、
やたらめったなことを言って、個人を特定されるとリアルで災難が降りかかるので、
勘弁してください……すいません。

塩野谷九十九訳のほうがまだ良かった、というのは複数の先生・先輩から聞きました。

370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/03/10(月) 02:42:30.52 ID:TQ/CLlyGO
手間暇かけて作った物が高いって言ってるけど、使用価値なかったらタダ同然なんでしょ
だったら使用価値重視で簡単な物作ったほうが売れるし価値が出るんじゃあない

>>370
使用価値は比較できません。
ダイヤの使用価値とおにぎりの使用価値を比較できますか?

個人的には比較可能であるとして、
すべてをミクロのレベルに落とし込んで「効用」に還元したのが、
いわゆる新古典派経済学の「限界効用理論」です。

この体系の中では、客観的な「価値」はそもそも存在しません。
社会的な均衡価格と、個人的な序数的効用があるだけです。

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/10(月) 02:57:13.94 ID:o7G9IsS40

それではすいませんがお休みします。
またお会いしましょう。
次は二日後ぐらいになると思いますので、スレを維持しなくても結構です。

          , -=―=―- 、 _    
       〃⌒>’´  /    丶`ニ=‐’
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \  
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j 
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{   
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ‘ /〈リヽ
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|::資::>ミ;>,
          ノ \- 厶]:本:f }::/:/
       r=<    V三|::論::| |/:/
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|
        lヽ  勹’´      // l !
        |∧ 〃     /Y_│’,
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ  やるおが『資本論』を読み始めたようです 2
           〉ヽ     /  ji |{i  !  ヽ    ――Fortsetzung folgt (つづく)

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

TrackBack URL: http://yaruo.infoseed.net/series/shihonron-2.html/trackback/

コメントをどうぞ